ナイトトレインの平成・徒然草 ~心にうつるよしなしごとを書き連ねて~

《鉄道》《車》《音楽》《文学》等にまつわるよしなしごとを、つれづれなるままに書き連ねてまいります。  

町田薬師池公園

町田薬師池公園に春の写真を求めて行って来た。桜が終わり藤の花が最盛期となっていて、新緑の若葉が美しく見えたが、天気が曇りだったので写真の絵としては今一つの出来であった。

DSC_0196A_201604250007484de.jpg

DSC_0197A_201604250007507ab.jpg

DSC_0200A_20160425000752b02.jpg

DSC_0202A.jpg

DSC_0206A_20160425000755702.jpg

DSC_0211A_20160425001145875.jpg

DSC_0213A_20160425001147737.jpg

DSC_0217A_20160425001149f20.jpg

スポンサーサイト
  1. 2016/04/25(月) 00:13:22|
  2. 写真・カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新宿御苑・インフォメーションセンター・アートギャラリー・写真展

1月のBLOGでご案内差し上げました写真展は昨日で無事閉幕となりました。期間中足を運んでいただきました皆様に改めましてお礼申し上げます。どうもありがとうございました。 天気が良かったことも手伝って土曜日の来場者数が新記録となりました。

会場であったインフォメーションセンター・アートギャラリー
DSC_0036A_20150223111518992.jpg
DSC_0037A_201502231115204b6.jpg

DSC_0056A_20150223111520680.jpg
DSC_0130A_20150223113716199.jpg
DSC_0144A_20150223113718156.jpg
DSC_0724A_20150223113926c1b.jpg
DSC_0727A.jpg
DSC_0736A.jpg


  1. 2015/02/23(月) 11:17:48|
  2. 写真・カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「1000人の写真展2014」新宿パークタワー

今年も新宿パークタワー・ギャラリー3にて開催される「1000人の写真展」に私の写真が展示されているので、御用とお急ぎでない方は是非お立ちより下さい。

私の写真は、新宿御苑にて撮影したこの写真が展示されてます。

20111221新宿御苑 043A

●1000人の写真展2014「私のこの一枚」

会場: 新宿パークタワー・ギャラリー3
会期: 6月25日(水曜)~6月29日(日曜)
時間: 10:30~18:00 (29日は14:00まで)

新宿パークタワーは新宿駅と初台駅(京王線)が最寄り駅ですが、距離が遠いので歩くのがきつい方は新宿駅から無料シャトルバスが出てますのでご利用ください。新宿駅の無料シャトルバス乗り場は、 新宿西口「エルタワー」1階 三菱東京UFJ銀行前(小田急ハルクの対面)から約10分間隔で運行。
  1. 2014/06/25(水) 08:21:04|
  2. 写真・カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関宿滑空場 (その2)

河川敷滑走路の横で組み立てられたグライダーは車や4輪バイクに牽引されて滑走路の出発場所まで行き、そこからは小型飛行機にけん引されて大空に向かって羽ばたいていくのである。牽引のロープをいつ外すのか尋ねたらグライダーのパイロットの判断で外すのだそうで、下から見上げているとかなり高度が上がってロープが見えないほど上空で外しているようであった。目の良い人は「あツ、今ロープを切り離した!」と教えてくれるのだが、眼鏡をしても視力が補正しきれてない私には全くその瞬間がキャッチできないのだった。ここで飛ぶグライダーは航空管制官の許可を得る必要はないとのことで、いつでも自分のタイミングで離着陸をしていた。ここの上空は商業飛行機や自衛隊機も飛ぶエリアだとのことだが、グライダーは5000フィート以下の空を商業飛行機や自衛隊機は5000フィート以上を飛ぶことで棲み分けがなされていて、普段は問題がないそうだが、たまにそれらの飛行機が4000フィートあたりまで降下して飛ぶこともあるので注意はしながら飛んでいるとのことだった。飛行時は無線ラジオを必ず携帯しているそうで、それで航空管制官とパイロットのやり取りも聞いているようでした。昼食時に航空管制官とのやり取りを聞かせてもらったが非常に鮮明に聞こえて、まるで今自分が飛行機に乗っているかのような気分になっていた。
DSC_0298A.jpg
三菱のパジェロにひかれて滑走路の出発点に行くホンダのグライダー
DSC_0408A_201405191025142bb.jpg
DSC_0275A_20140519103904b2a.jpg
DSC_0294A_20140519103906e77.jpg
ホンダの4輪バイクに曳かれるホンダのグライダー
DSC_0309A_20140519103907685.jpg
DSC_0334A_20140519103908ac1.jpg
牽引されて滑走路から少し浮き上がった状態のグライダーと牽引機
DSC_0417A_2014051910461560d.jpg
牽引ワイヤーが鼻先から右下に向かっているのが見えるグライダー
DSC_0418A.jpg
まだ2機は牽引ワイヤーで繋がっている。

  1. 2014/05/19(月) 10:28:55|
  2. 写真・カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関宿(せきやど)滑空場

写真クラブの撮影会は自然や寺院などが多いのだが、今回は関宿滑空場というグライダーの愛好者の集う場所となった。大学のOBの大先輩が会長を務めるNPO法人の関宿滑空場を見学させていただいた。希望者は体験飛行もOKということだったが、飛行機の苦手な私は遠慮させていただいた。
江戸川の河川敷が離着陸場になっていて、土手の外側にクラブハウスと格納庫がある。グライダーを牽引する小型の単発飛行機は格納庫にそのまま収容されているが、グライダーは翼が長くてかさばるので分解して収納されていて、河川敷まで車で牽引されてそこで組み立てられるようになっていた。私たちはその組み立ての工程から見学して、組み立てられたグライダーが小型飛行機にけん引されて大空に舞い上がるのを見学させてもらった。体験用のグライダーはエンジンの付いたグライダーで、自力である程度の高度まで上がった後にエンジンを切って鳥のように大空を滑空していた。グライダーは無音で静かなので、鳥が近づいてきて一緒に飛行したりするそうである。
DSC_0242A_201405182257000b0.jpg
格納庫前に佇む単発の小型飛行機
DSC_0247A_20140518225701c66.jpg
自動車でけん引するトレーラーの中にグライダーは分解されて収納されている。
DSC_0250A.jpg
牽引役の小型機がトレーラーの載せられて河川敷まで運ばれてきて降ろされている最中だった。
DSC_0251A.jpg
DSC_0252A.jpg
4機のグライダーがトレーラーから降ろされて組み立て作業中。
DSC_0262A_20140518234803f9c.jpg
牽引の任につく小型飛行機の操縦席
DSC_0271A_20140518234804934.jpg
グライダーのアンテナを取り付けている本田技研のグライダー愛好グループの人たち
DSC_0272A.jpg
DSC_0278A_20140518234807e84.jpg
体験飛行用のエンジン付きグライダーは別の滑空場から飛んできた。
DSC_0282A_20140518234808eac.jpg
DSC_0301A_20140518235715aed.jpg
DSC_0302A.jpg
DSC_0324A_201405182357185c7.jpg
DSC_0326A.jpg



  1. 2014/05/18(日) 23:01:31|
  2. 写真・カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

nighttrain999

Author:nighttrain999
目黒区の都立大学で産湯を使い、長じて多摩ニュータウンに移り住んでン十年の”おじさん”です。サラリーマン渡世を無事に勤め上げて第二の人生を謳歌しております。
多彩な趣味のお陰で時間が足りなくて、とても仕事をしている暇がないという次第。
興味のあるものは: 鉄道・車・オーディオ・カメラ・地図・文学・歴史・音楽(特にJAZZ)・英国

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
英国 (1)
鉄道 (372)
車 (54)
春 (19)
文学 (12)
時事問題 (10)
季節 (50)
旅 (10)
歴史 (36)
新宿御苑 (20)
音楽 (69)
写真・カメラ (29)
10年前の鉄道風景 (7)
総天然色の鉄道風景 (14)
昭和の鉄道世界 (30)
食事 (28)
侏儒の薀蓄学 (4)
私の本棚から (9)
昭和鉄道写真館 (11)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR