ナイトトレインの平成・徒然草 ~心にうつるよしなしごとを書き連ねて~

《鉄道》《車》《音楽》《文学》等にまつわるよしなしごとを、つれづれなるままに書き連ねてまいります。  

昭和鉄道写真館(11) 鹿島参宮鉄道 キハ42202 

1964年夏、筆者は高校の友人達と日本硫黄・沼尻鉄道を訪れて、東京への帰り道で友人の祖父の家がある鉾田に1泊している。 沼尻鉄道の帰りは郡山から水郡線で水戸に出て、そこからは常磐線で石岡まで行き、鹿島参宮鉄道に乗り換えて鉾田まで行っている。石岡に着いた時にはすでに夕闇が迫るころだった為に鹿島参宮鉄道の写真は石岡でしか撮影出来なかった。
鹿島参宮鉄道は常総筑波鉄道と合併して1965年6月に関東鉄道鉾田線となったが、合理化の為に1979年3月関東鉄道が100%出資する子会社「鹿島鉄道」として発足したが、自衛隊百里基地へのジェット燃料輸送の中止や筑波エキスプレスの開業の影響で2007年3月31日で営業廃止となっている。

石岡駅に到着するキハ42202。 キハ42200形はキハ42201と42202の2両があり、元東京横浜電鉄のキハ2とキハ8で五日市鉄道(現JR五日市線)・南武鉄道(現JR南武線)を経て国鉄買収後の1951年(昭和26年)に鹿島参宮鉄道へ払い下げられた。キハ42201は1967年7月に流線型の両端を切妻型に改造されてキハ651となり1976年7月に廃車となっている。キハ42202は改造されず流線形のまま1976年7月に廃車となっている。
006-015A.jpg
キハ42202の運転台。
006-016A.jpg

石岡駅を出発する玉造町行きキハ201. キハ201は1936年日本車輌東京支店製で鹿島参宮鉄道で最初のボギー車、車体長が11mと小さかった為に、ほかの車両が大型化していくにつれ使われることが少なくなり、1970年8月に廃車となっている。
006-014A.jpg

私の乗ったキハ42202の下り列車と常陸小川駅で交換するキハ0726他2連の上り石岡行き列車。 薄暮れの為シャッタースピードが低くて写真が鮮明でないのはお許し願いたい。   国鉄から1963年2月に設計認可されてキハ0730がキハ42501として登場、その後1964年11月設計認可でキハ0726がキハ42502として入線、更に1965年3月設計認可でキハ0729がキハ42502として加わっている。 写真のキハ0726は1964年8月の撮影なので、認可前にすでに入線して使われていたことがわかる、車号がキハ42502となってないのは認可前の入線なので国鉄からの貸し出しという形で入線していたのかもしれない。偶然のしわざであるが国鉄の車号のまま鹿島参宮鉄道を走る姿は貴重な写真となった。
006-017A.jpg

《参考資料》 RM LIBRARY106 鹿島鉄道

スポンサーサイト
  1. 2017/03/26(日) 23:33:30|
  2. 昭和鉄道写真館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昭和鉄道写真館(10) 都電8系統 恵比寿駅前ー中目黒間

都電8系統は中目黒と築地を結ぶ路線で、その内の中目黒と天現寺橋との区間は玉川電気鉄道によって開設された路線であったが昭和23年(1948年)に東京都に譲渡されて都電の路線に編入されている。(東京市への運行委託はそれより早く昭和13年から行われていた) 8系統の運行担当営業所は「広尾営業所」で天現寺橋電停の前に位置していた。 広尾営業所の主力車両は1200形で、写っている写真からもそれは見てとれる。8系統は昭和42年12月9日(1967年)に廃止になっているが、筆者の撮影は廃止の年(1967年)の6月である。

恵比寿駅前にて1200形(1213号)。今の恵比寿駅西口の変わり様からは想像できない昭和42年(1967年)の昭和の恵比寿駅が写真に写しだされている。
007.jpg
008.jpg

下通五丁目電停付近を走る築地行き2000形。 狭軌(1067mm)の杉並線に居た2000形は改軌(1372mm)して広尾車庫と三田車庫に転属した。
0010.jpg

下通五丁目電停付近を走る中目黒行き1200形
011.jpg

012.jpg

旧山手通りとの交差点を走る1200形の中目黒行き1251号(左)と築地行き1213号(右)。
013.jpg

中目黒を出て下通五丁目へ向かう築地行き1200形(1250号)
016.jpg

中目黒電停で折り返しを待つ1200形。手前の橋は目黒川に架かる皀樹橋。
019.jpg

中目黒電停の後ろに明治通りとの交差点が見える。
020.jpg

中目黒電停を明治通り側から見る。
022.jpg

  1. 2016/08/14(日) 21:52:46|
  2. 昭和鉄道写真館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

昭和鉄道写真館(9) 都電21系統 秋葉原駅東口

当時都電の専用線を求めて撮影していた私は昭和40年3月に秋葉原駅東口で21系統の3000形の走行写真を撮影していた。厳密にはここは専用線とは言えないが、ご覧のようにセンターリザーブド(Center reserved)になっていて都電敷地内には自動車は横断以外の目的では入って来れない。 この昭和通り、現在では首都高速1号線の高架が通っていて狭苦しく見えるが、当時は首都高速道路は無かったので広々とした通りに見える、と言うよりも本当に広かったので道路中央部を都電専用に当てても左右に自動車用に十分なスペースが確保できていたのである。 21系統は千住四丁目と水天宮を結ぶ路線で三ノ輪車庫の車両が使用されていた。当時の三ノ輪車庫の主力車両は3000形だったので、この時の撮影でも写っていたのはすべて3000形だった。

秋葉原駅東口から千住四丁目方面を見た写真。 都電の背後に横断するトラックが写っている。走る自動車を見ると昭和40年代であることが良くわかる。
#55都立大・中目黒026A

奥の都電は秋葉原駅東口の電停に停車中。背後の高架橋は総武線。
#55都立大・中目黒029A


  1. 2016/08/04(木) 06:32:38|
  2. 昭和鉄道写真館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昭和鉄道写真館(8) 東急電鉄サハ3107

1966年(昭和41年)6月に東急碑文谷工場で撮影した廃車解体直前のサハ3107号の写真を紹介したい。 サハ3107は1926年に藤永田造船所で製造されているデハ100が起源の車両で同僚のデハ101~デハ112の12両のうちの1両として目黒蒲田電鉄・東京横浜電鉄で活躍、その後1934年にモハ100形に、1942年にデハ3100形に改称されたのち1957年にデハ3101~デハ3109が電装解除されてサハ3100形になっている。そしてサハ3100形のトップを切ってこのサハ3107が1966年6月21日付けで廃車となっている。同僚の中には他社で第二の人生を送ったものもいるが、サハ3107号はどこにも引き取り手が無く廃車解体されている。

000FA.jpg

002A.jpg


《参考資料》
鉄道ピクトリアル・2004年7月臨時増刊号「特集・東京急行電鉄」

  1. 2016/06/17(金) 00:29:12|
  2. 昭和鉄道写真館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昭和鉄道写真館(7) 昭和41年6月の田園都市線 延長開業区間(溝の口―長津田)

昭和41年4月に田園都市線の延長開業(溝の口―長津田)があり、その2か月後の6月に筆者は延長開業区間を訪れているが、溝の口と長津田以外は既成の街ではなく駅前は閑散としていた。 未だ沿線住民が限られていて朝晩以外は利用客が少ないので、日中の時間帯は4両編成の電車は鷺沼で切り離して鷺沼以西は2両編成で運転されていた。
そう言えば、東急線の各駅の表示が「ノ」が「の」に、「ヶ」が「が」に変わったのも昭和41年1月からだった。「溝ノ口」は「溝の口」に、「自由ヶ丘」は「自由が丘」になった。

鷺沼駅構内を溝の口に向かって俯瞰した写真。 右の車庫部分は現在は東京メトロ・半蔵門線の車庫になっているが当時は田園都市線のねぐらであった。左側の留置線は現在でも田園都市線の留置線として使われている。
027AA.jpg

開業2か月後の鷺沼駅。駅前には商店もなくいかにも開発中の街といった風情。
028AA.jpg

鷺沼駅ホーム。 ここから大井町方面へは4両編成となって運転されていた。
032AA.jpg

長津田駅3番線ホーム。開業時はホームは3番線のみ使用で4番線には架線さえ張られてなかった。このあと延長区間が伸びて行くのだがこの写真で見る限りはここで終わって伸びるようには見えてない。
033AA.jpg

長津田駅3番線に停車中の2両編成の3000系。開業時には間に合わなかった横浜線への連絡通路未成の様子が写真からも見てとれる。
034AA.jpg

左側は4番線になるはずだが開業時にはその表示さえ準備されてない。2両編成の7000系が寂しく折り返しを待っている、今の長津田駅からは想像もできない半世紀前の光景が展開されていた。
036AA.jpg
037RAA.jpg

開業時の「梶が谷」駅西方。 現在は2面4線で優等列車の追い抜き設備のある駅となっているが、当時は広さだけ確保されているのみで2線2ホームのみの普通の駅だった。 開業当初は溝の口以西への電車は梶が谷折り返しと長津田折り返しが交互に運転されていた。 写真は梶が谷折り返しの6000系が引き上げ線から上りホームへ入線してくるところ。6000系は全編成5本が田園都市線に配属されて4両固定の分割できない編成だったので、専ら梶が谷折り返しに充当されていた。しかし、それは平日だけの話で、開業前年の1965年に開園した「国営こどもの国」への行楽客輸送の為に休日は4両で編成で運転されることが多かったので、休日には日中でも6000系の姿を梶が谷以西で見ることができた。実は鷺沼以西2両運転の時代は短くて、沿線人口の急激な増加に伴い、開業後半年で長津田行き4両編成の運転数は増えている。
026AA.jpg

《参考資料》
鉄道ピクトリアル・2004年7月臨時増刊号「特集・東京急行電鉄」
ウィキペディア:東急田園都市線

  1. 2016/06/12(日) 20:05:40|
  2. 昭和鉄道写真館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

nighttrain999

Author:nighttrain999
目黒区の都立大学で産湯を使い、長じて多摩ニュータウンに移り住んでン十年の”おじさん”です。サラリーマン渡世を無事に勤め上げて第二の人生を謳歌しております。
多彩な趣味のお陰で時間が足りなくて、とても仕事をしている暇がないという次第。
興味のあるものは: 鉄道・車・オーディオ・カメラ・地図・文学・歴史・音楽(特にJAZZ)・英国

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
英国 (1)
鉄道 (372)
車 (54)
春 (19)
文学 (12)
時事問題 (10)
季節 (50)
旅 (10)
歴史 (36)
新宿御苑 (20)
音楽 (69)
写真・カメラ (29)
10年前の鉄道風景 (7)
総天然色の鉄道風景 (14)
昭和の鉄道世界 (30)
食事 (28)
侏儒の薀蓄学 (4)
私の本棚から (9)
昭和鉄道写真館 (11)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR