FC2ブログ

ナイトトレインの平成・徒然草 ~心にうつるよしなしごとを書き連ねて~

《鉄道》《車》《音楽》《文学》等にまつわるよしなしごとを、つれづれなるままに書き連ねてまいります。 このBLOGに掲載された写真などを他のMediaなどに掲載される際の問い合わせ先はn.sugii@nifty.comです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小田急LSE 最後のラストラン

7月10日に最後の定期運行を終了して、その後は次のような臨時列車で運行されていたLSEが10月13日(土曜)の「さよならツアー」を持って最後のラストランを行い本線から引退した。

9月15日 「エビスビール列車の旅」 (新宿ー小田原)
9月29日 「LSEで行く小さな旅」(新宿ー秦野)
9月30日 「わくわく喜多見・海老名車輛基地ツアー」(喜多見ー新宿ー伊勢原ー海老名)
10月6日 「M78星雲号」(新宿ー小田原)
10月8日 「神奈川地酒・利き酒会」(新宿ー小田原4番線ー秦野)
10月13日「さよならツアー」(新宿ー小田原7番線ー秦野)

当初は上記の企画列車をすべて撮影するつもりにしていたが、肺炎に罹ってしまい外出禁止が解かれた10月以降の企画ツアーを撮影しているので、仕事で撮影出来なかった10月8日を除くLSEツアーの写真を紹介させていただく。

「M78星雲号」は代々木八幡駅で上りの送り込み回送と本番を撮影しました。上りLSE送り込み回送は代々木八幡駅で下りのGSEとすれ違ったので新旧交代シーンを写真に残すことが出来ました。

DSC_5864A.jpg
DSC_5868A.jpg
DSC_5874A.jpg
DSC_5913A.jpg
DSC_5915A.jpg

10月13日の「さよならツアー」はどこで撮るかを迷った末、初めての撮影地・開成ー栢山ー富水で撮影することにしました。
開成ー栢山間の撮影地には既にかなりの数の撮り鉄がいたので、栢山ー富水間の撮影地を選びそこで上下の「さよならツアー」LSEを撮影しました。 下りのLSEを撮影して振り向いて後追い撮影をしたら偶然見送りと撮影に来ていた一般人の姿が写り込んでいてラストランを象徴する写真となりました。

DSC_5954A.jpg
DSC_5958A.jpg
DSC_5982A.jpg
DSC_5984A.jpg

スポンサーサイト
  1. 2018/10/14(日) 11:10:19|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最後の189系 N102編成

豊田車両センターの189系M50/M51/M52編成が今年1月から4月にかけて立て続けて引退して寂しくなったが、長野車両センターに残った最後の189系N102編成はほぼフル稼働で平日は長野―松本間の「おはようライナー」で土休日は臨時の「あづさ」「かいじ」「ムーンライト信州」「各種団体」等に引っ張りだされて休む暇もない状態。  そんなわけで我々撮り鉄も毎週末はそんな姿を追っている。 ここしばらくは6月・7月は小田急のLSEのラストランの追っかけでご無沙汰してしまったので、「あずさ77号」に充てられたN102編成の送り込み回送と本番の写真をお送りいたします。

最初は送り込み回送の「回9406M」を三鷹駅各駅停車ホームから望遠で狙った写真です。
DSC_4783A.jpg
DSC_4786A.jpg
DSC_4792A.jpg

つづいて中野駅で24分間停車して時間調整する「回9406M」
DSC_4796A.jpg
DSC_4802A.jpg
DSC_4804A.jpg
DSC_4805A.jpg
DSC_4809A.jpg

本番の「あずさ77号」は阿佐ヶ谷駅で撮りました。
DSC_4851A.jpg
DSC_4856A.jpg
DSC_4860A.jpg
DSC_4861A.jpg

夏休みに入ったので学生の撮り鉄が多いだろうと覚悟してきたわりには人数は少なくて、三鷹駅では私一人、中野駅は20-30人くらい、阿佐ヶ谷駅は30分前で5-6人、その後増えたがそれでも10人未満だったようで、ラストランでなければこんなものなのかなと不思議に思いました。

  1. 2018/08/13(月) 09:56:54|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小田急ロマンスカーLSEラストラン

小田急のロマンスカーLSE(7000形)がついに終焉の時を迎えた。最後に残った7004x11編成が7月10日を持って定期運行を終了したが、それを記念して6月23日から「引退記念ロゴマーク」を掲出して走ったので、引退記念ロゴマークの付いたLSEを求めて沿線で撮影してきた。
7004x11は1983年12月に登場して35年に渡って小田急のロマンスカーとして活躍を続けてきたのだが、7月10日を持って定期運行からは引退して、今後は10月までに複数回臨時運行を予定しており、10月13日のラストランを最後に完全引退して2022年に開業するロマンスカーミュージアムに展示されることになっている。

最初の2枚は相武台前ー座間で撮影した「はこね57号」
DSC_3401A.jpg
DSC_3403A.jpg

新百合ヶ丘駅のホームに表示されているLSEの乗車位置目標と各ロマンスカーの乗車位置案内板
DSC_3376A.jpg
DSC_3377A.jpgDSC_3463A.jpg
DSC_3465A.jpg

新百合ヶ丘駅にて「はこね57号」
DSC_3909A.jpg
DSC_3923A.jpg
DSC_3931A.jpg
小田急のラストラン告知のポスター効果なのか、一般の人もスマホやカメラで撮影する人が増えた。
DSC_3937A_20180728225644a9e.jpg
DSC_3957A.jpg

座間駅東方にて「はこね57号」を撮影
DSC_4180A.jpg
DSC_4181A.jpg
DSC_4183A.jpg

伊勢原―愛甲石田間にて「はこね57号」を撮影
DSC_4222A.jpg
DSC_4229A.jpg
ラストラン告知のポスター
DSC_4233A.jpg

「はこね31号」 新松田ー渋沢間にて撮影
DSC_4299A.jpg
DSC_4300A.jpg
DSC_4302A.jpg
DSC_4303A.jpg

新松田駅東方にて「はこね26号」撮影
DSC_4309A.jpg
DSC_4314A.jpg

  1. 2018/07/28(土) 22:54:20|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京王ライナー7号

京王ライナーは平日は新宿発が20:00からなので沿線で撮影するのは難しいのだが、土休日は17:00からなのと、この時期は19時までは陽が残っているので沿線での撮影が可能なので、京王永山駅で新宿18:20発の「京王ライナー7号」を撮影して来た。「京王ライナー7号」の京王永山到着時間は日没寸前の18時44分、この日は曇り日だったこともあり写真撮影にはぎりぎりセーフの条件だったがなんとか写真を撮ることが出来たので、紹介させていただく。

京王永山駅に到着する「京王ライナー7号」 5733編成
DSC_3501A.jpg

京王永山駅に停車中の「京王ライナー7号」
DSC_3509A.jpg
DSC_3507A.jpg
DSC_3510A.jpg

次の停車駅・京王多摩センターへ向けて出発する5733編成「京王ライナー7号」
DSC_3517A.jpg

  1. 2018/06/24(日) 18:49:30|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京王ライナー試乗記

思わぬ形で京王線の「京王ライナー」(有料特急)の試乗が叶ったので、試乗記をお届けする。某日曜日、ウクレレバンドの新しいユニフォームを求めて多摩センターのユニクロを訪れたが限定商品だったので男性用は売り切れ、Tシャツなので女性用で代用しようと思ったが女性用のMサイズしか残ってなく、店員に他の店の在庫状況を調べてもらうとユニクロの橋本店に比較的在庫が多いとの事で橋本に移動しようと京王線の多摩センター駅に着くと丁度特急が入ってきたが、電光掲示板にはその次が「京王ライナー3号」となっている。 京王ライナーは京王永山までは座席指定券を必要とするが京王永山以西は券なしで乗車できるので、特急を見過ごして次の「京王ライナー3号」で橋本迄行くことにした。 有料区間ではないのが残念ではあるが思わぬ京王ライナー初試乗を果たす機会が巡ってきた。

待つことしばし、遠くに新5000系のヘッドライトが見え、京王ライナー・橋本行の列車表示の5000系第5編成が入線して来た。
DSC_3481A.jpg
2月のデビュー時は夕方の5時台は既に陽が沈み撮影が困難であるが、この時期は全く問題なく撮影出来た。
DSC_3482A.jpg

多摩センターでの客扱い中の「京王ライナー3号」。  女性の車掌さんをわざわざ京王ライナーに充てたのだろうか?なかなか良い京王の取り計らいに嬉しくなった。
DSC_3483A.jpg

最後尾の10号車のクロスシートに座ったが、既に最初の停車駅である京王永山を過ぎているので正しい状況は把握できないものの乗車率は50%以上だったのではないかと思われた。 デビュー時のBLOGなどの報告を見ると土曜日曜の乗車率は50%以下のように書かれていたので、徐々に乗車率は上がっているのではないかと想像している。
DSC_3484A.jpg

クロスシートの乗客に見やすいように線路に対して直角方向に設置されている案内表示器。
DSC_3485A.jpg
DSC_3486A.jpg
普段見慣れている沿線の風景もクロスシートに座って眺めると違って新鮮に映るから面白い。
DSC_3489A.jpg

  1. 2018/06/17(日) 10:01:35|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

nighttrain999

Author:nighttrain999
目黒区の都立大学で産湯を使い、長じて多摩ニュータウンに移り住んでン十年の”おじさん”です。サラリーマン渡世を無事に勤め上げて第二の人生を謳歌しております。
多彩な趣味のお陰で時間が足りなくて、とても仕事をしている暇がないという次第。
興味のあるものは: 鉄道・車・オーディオ・カメラ・地図・文学・歴史・音楽(特にJAZZ)・英国
画像使用の問い合わせ先:n.sugii@nifty.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
英国 (1)
鉄道 (375)
車 (56)
春 (19)
文学 (12)
時事問題 (10)
季節 (50)
旅 (10)
歴史 (36)
新宿御苑 (20)
音楽 (69)
写真・カメラ (29)
10年前の鉄道風景 (7)
総天然色の鉄道風景 (14)
昭和の鉄道世界 (30)
食事 (28)
侏儒の薀蓄学 (5)
私の本棚から (9)
昭和鉄道写真館 (14)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。