FC2ブログ

ナイトトレインの平成・徒然草 ~心にうつるよしなしごとを書き連ねて~

《鉄道》《車》《音楽》《文学》等にまつわるよしなしごとを、つれづれなるままに書き連ねてまいります。 このBLOGに掲載された写真などを他のMediaなどに掲載される際の問い合わせ先はn.sugii@nifty.comです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

理論経済学者、宇沢弘文に学ぶ

今年の9月、理論経済学者・宇沢弘文さんが亡くなった。それを契機にしてNHKでいくつかの特集番組が放送されて、私も見る機会が持てた。
大変考えさせられた。今の閉塞した世の中の解決策を彼が提言していることを知らされる。時あたかも衆議院選挙が行われるが、もし日本国民の多くの人がこれらの番組を見て日本のどの政党に投票するのが良いのかを判断する材料になればと思った。不幸にしてどの政党も投票に値しないとしたら、せめてどの政党が宇沢さんの考え方から遠い所にいるかを判断して、その政党以外に投票して欲しいと思う。
本当の豊かさとは?を問うことが今求められている。

以下のWebアドレスはNHKのクローズアップ現代のHPで、宇沢さんを取り上げた時のものです。

http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3574_all.html

以下は、そのHPからのCOPYです。

<人間のための経済学 宇沢弘文
格差・貧困への処方箋

天使にふんしたこの男性。
実は世界的な経済学者。
今、その存在が注目されています。

「彼の研究は時代を先取りしていた。」

「社会の病を治す医者。」

先月(9月)、86歳で亡くなった宇沢弘文さん。
行動する経済学者で、経済成長が引き起こす問題の解決策を、現場に飛び込み提案しました。
すべての人々が幸せに生きられる社会を考え続け、その思想は世界から高く評価されました。

経済学者 宇沢弘文さん
「経済は単に富を求めるものではない。」

今、宇沢さんの思想は、地域再生や被災地の復興の現場にも息づいています。
格差や貧困が深刻で出口が見えない日本。
今夜は、宇沢弘文・人間のための経済学に迫ります。

人間のための経済学 知の巨人・宇沢弘文

NHKは、金融危機のさなかの2009年、宇沢さんへのインタビューを行っていました。
経済学のあるべき姿について語る宇沢さんです。

経済学者 宇沢弘文さん
「経済学の原点は人間、人間でいちばん大事なのは、実は心なんだね。
その心を大事にする。
一人一人の人間の生きざまを全うするのが、実は経済学の原点でもあるわけね。」

研究室を飛び出し、現実の問題と向き合うことを大切にした宇沢さん。
公害問題に悩む水俣では、患者を訪ねてはその苦しみを聞き、空港建設問題に揺れる成田では、国と住民の調停役を買って出ました。
理論にとどまらず、現実の世界に貢献しようと考えていたのです。

東京大学名誉教授 神野直彦さん
「社会の病を治す医者になるんだというふうに決意された経済学ですので、その病理をいかに治すのか、処方箋まで書こうとした。」

宇沢さんが経済学を志したのは、戦後まもなくのころ。
東京大学で数学を学んでいましたが一冊の本との出会いが人生を変えたといいます。

「貧乏物語」。
経済学者、河上肇が書いたものです。
世界の経済大国・イギリスで、貧困が深刻になっていく問題を明らかにしました。
すべての人が幸せに生きる社会を作りたい。
宇沢さんは経済学の道へ進みます。

研究のため向かったのは世界経済の中心、アメリカ。
経済成長の条件を数学的に分析した理論を構築。
36歳でシカゴ大学の教授に就任しました。

ノーベル経済学賞を受賞したジョセフ・スティグリッツ教授。
宇沢さんに教えを受けた1人です。

ノーベル経済学賞 ジョセフ・スティグリッツ教授
「彼は最も大切な先生です。
研究だけでなく個人的にも教えられました。
1日中、数学や経済学について語りあったものです。
世の中を変えたいと経済学の世界に入った私には、刺激的でした。」

宇沢さんは大学で1人の同僚と激しく対立するようになります。
ミルトン・フリードマン。
市場競争を極めて重視する新自由主義の中心人物です。

社会のすべてを極力、市場に委ね、競争させたほうが経済は効率的に成長すると主張していました。
これに対し宇沢さんは、効率を優先し、過ぎた市場競争は格差を拡大、社会を不安定にすると反論しました。

ノーベル経済学賞 ジョセフ・スティグリッツ教授
「教授の研究の大きな特徴は、格差の問題に注目したことです。
一方シカゴ大学には、格差は取り上げる問題ではないという人さえいました。
格差問題を全くかえりみない市場原理主義の考えと、教授は相いれなかったのです。」

アメリカ社会が効率や競争ばかりを重視するようになったと感じた宇沢さん。
1968年、日本に帰ることを決意しました。
しかし、日本で目にしたのも、経済成長が必ずしも幸せな暮らしにつながっていない現実でした。

東大教授となった宇沢さんは帰国から6年後、急速に進む自動車社会に警鐘を鳴らします。
当時、豊かさの象徴とされていた自動車。
宇沢さんは、それが本来、歩く人のためにある道を奪っていると主張。
事故の増加や大気汚染など、社会にばく大な負担を強いるという、新たな見方を提示しました。
経済成長と幸せな暮らしを両立させるにはどうしたらよいのか。
宇沢さんが提唱したのが、社会的共通資本という考え方です。

社会的共通資本とは医療や教育、自然など人が人間らしく生きるために欠かせないもの。
これらは市場競争に任せず、人々が共同で守る財産にします。
その基盤を確保した上で、企業などによる市場競争があるべきだと考えたのです。

経済学者 宇沢弘文さん
「市場で取り引きされるものは、人間の営みのほんの一部でしかない。
医療制度とか、学校制度とか、そういうのがあることによって社会が円滑に機能して、そして一人一人の人々の生活が豊かになる。
人間らしく生きていくということが可能になる制度を考えていくのが、我々経済学者の役割。」

人間らしく生きる社会とは何か。
宇沢さんはみずから、ある実践をしていました。
リュックサックの中にいつも入れていたのはランニングシャツ。
大学と自宅の間を走って往復。
自動車に頼らない生活を心がけていました。


宇沢さんの生き方は多くの人たちの心に残っています。
弔問に集まった、かつての教え子たち。
政策立案や日本経済の第一線で活躍する人材になりました。

京都大学名誉教授 松下和夫さん
「宇沢先生は厳しい先生だったんですけれど、やさしいんですね、ものすごく。
主流派経済学者は、すでに出てるデータだけを見て処理するわけですが、(宇沢先生は)現場に出て行ってぶつかっていた。」

元環境省・大学教授 一方井誠治さん
「宇沢先生が心配していた環境の悪化を(環境省の)現役時代に止められなかった。
宇沢先生の遺志を継いで、なんとか少しでも貢献して死んでいきたいと思っています。」

今、宇沢さんの家族は遺品の整理を続けています。
宇沢さんが病に倒れたのは東日本大震災の10日後です。
パソコンに残されていたのは「東日本巨大地震」という空のフォルダ。
何を書こうとしていたのか。
家族は思いを巡らせています。

妻 宇沢浩子さん
「(被災地の)絆を取り戻してあげたい、みんなで地域で一緒に暮らすことが楽しいというところまで助けていきたいなと思った。
それはまとめさせてあげたかったなと思います。」

経済学者、宇沢弘文。
人間のための経済学を追究し続けた人生でした。




/span>
スポンサーサイト
  1. 2014/11/27(木) 09:37:27|
  2. 時事問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トイレのマナー

YahooのWebで見かけたので、すでにご覧になっているかも知れませんが、「トイレのマナー」、とても役に立つ情報だったので引用掲載させていただきます。



■ 知っておきたい3つのトイレマナー

◎ その1:トイレットペーパーの三角折りはNG

お店などでトイレを利用した時によく見かける「三角折りされたトイレットペーパー」。立つ鳥跡を濁さず的な精神で、使用後はもう一度三角折りしておくのが正解だと思われがちなのですが、実はそうではありません。というのも、飲食店なんかで見かける三角折りは、実は従業員間の「清掃済み」の合図だったりするからです。そもそもは、消防士が緊急出動する際に迅速に対応できるように考案された折り方なのですが、それがいつの間にか飲食店業界の「清掃済み」のサインとして広がっていったそうですよ。そして、「三角折り=NG」のもう一つの理由として、「用を足してまだ洗ってもいない手で触らないでほしい」という衛生的な観点からの意見もあります。飲食店の営業妨害(?)にもなりますし、衛生的にもよろしくないので、トイレットペーパーの三角折りはやめておきましょうね。ちなみにこの三角折り、消防士の間で考案されたためか「ファイヤーホールド」と言うカッコいい名前がついています。

◎ その2:「使用後のフタの開閉問題」にはフレキシブルに対応する

「閉める派」と「閉めない派」が拮抗し、いまだに正確な答えが提示されていないトイレの蓋問題。

・ 流すときに、ちゃんと流れたか確認できるようにと言うのもあります。(蓋を開けたら、誰かの流し残りがあって不快だったことってありませんか??):閉めない派
・ 「フタ」ですから、閉めるべきです。流した水がはねたりしているんです。:閉める派

このような意見が出ていて、閉めるべきか閉めないべきか明確な答えは無いように思えますが、実際、トイレの蓋を閉めるかどうかに特にマナーはないそうです。そのため、「状況によって開けておくか閉めておくか判断する」というのが現実的な答えではないでしょうか。友人宅などでトイレを利用する場合は、「最初から閉まっていた時は閉める、開いていた場合は開けておく」という選択がベターだと思われます。ただし、最新のトイレの中には蓋が断熱構造になっていて、蓋を閉めることで便座の熱が逃げずに省エネになるそうなので、「あ、これ最新っぽいな」と思ったら蓋を閉めるように心がけましょう。ちなみに、便器自体が汚れている場合を除いて、蓋を閉めても特に消臭効果はないそうです。

◎ その3:ノックの回数は2回が正解

「もう入って10分以上経つのに、いつまでたっても出てこない…もしかして事故?」「入ってないとは思うけど、一応確認しとくか…」。こんなシチュエーションで行うノックですが、実は「コン、コン」と2回ノックするのが正解って知ってましたか?ふすま文化の日本では厳格に決まっていないようなのですが、ドア文化の欧米では「2回=トイレ」「3回=親しい相手を訪れる時」「4回=初めて訪れる場所」と定められているそうです。そこまで厳密なものではないですが、このマナーを覚えておけば海外へ行っても安心です。「入室中(赤色)」の表示が出ているのに、急かす意味でノックするのはやめましょう。

■ おわりに

トイレは「安心して用を足せる場所」であり「間に合った喜び享受できる場所」です。そんな心地よい聖域を侵さないためにも、トイレマナーはしっかり守りましょうね。


ちなみに、筆者の海外のお話を加えさせていただくと、海外でのトイレは日本よりもオープンのところが多くて個室のドアーは下1/3が空いているものがほとんどで、最初は覗かれるのではと不安があったが、犯罪防止の意味もあってオープンになっているらしいので、その意味がわかってからは下がオープンではない方が不安になった。それに下がオープンになっていることで使用中の方の足が見えるので、使用中であることが一目瞭然であるのも良いと思う。あとトイレの便座の位置が高いのも日本人にはちょっと違和感かもしれない、足の短い人は用を足している最中は足が宙ぶらりんになり、長時間の滞留には支障が出る。また、男子の小用の便器も高さの高いものが多くて、特に北側の国(ロシアとか北欧)では身長164cmの私でもつま先たちしないと用を足しにくいことがあった。
それと、ロシアではトイレの便座の表面にコルクが張り付けてあり、最初何故と思って聞いたら、寒い国なのでトイレカバーが普及してない代わりにお尻が冷たい便座に凍り付くのを防ぐ意味でコルクになっていると聞かされて納得したことがある。

  1. 2013/11/10(日) 09:25:28|
  2. 時事問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コラムニスト天野祐吉氏逝く

コラムニストの天野祐吉氏が亡くなった。享年80歳。雑誌『広告批評』を1979年に創刊して、2009年に同誌終刊後、天野祐吉作業室を設立。主にマスコミを対象とした評論やコラムを執筆してきた。正面切って政治を批判してないが、間接的にはするどく歯切れのいい批判を投げかけていて、私はその批判が好きだっただけに、時代に物申す大事な人材を失ってしまったのが残念である。

最近筆者が購入した本に、『ラジオ深夜便 隠居大学 第一集』と『ラジオ深夜便 隠居大学 第二集』がある。この本はNHKラジオ深夜便で、天野祐吉氏が毎月1回ゲストを迎えて隠居の愉しみについておしゃべりするプログラムを隠居大学と称して放送した内容を、2回に分けて誌上再録したものでした。 開講の辞のページをスキャンして掲載してあるので是非読んで欲しい。この本は私の隠居生活の過ごし方に大変大きな影響を与えてくれた。

第二集にある「開講の辞」を下記に引用させていただく。

開講の辞

当学は知識を学ぶ場ではない。知恵を磨く場である。なまじっかな知識は、隠居を目指す人にとって、かえって邪魔になる。そうでなくても老人は物忘れがひどいので、知識なんか学んでもすぐに忘れてしまう。その点、知恵はおでこのシワみたいなものだから、いちど身につけたら一生モンだ。
こういうシワの多い人を「後期高齢者」などと呼ぶのはとんちんかんもいいところで、シワ三本以上の人は「大老」、二本の人は「老中」。一本の人は「若年寄」と呼んで敬い、その人たちの話から知恵を盗むことこそ肝要である。諸君、心して盗め。

隠居大学(自称)学長 天野祐吉



img008A.jpg
img009A.jpg
img010A.jpg


  1. 2013/11/07(木) 18:58:26|
  2. 時事問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東急デパート・東横店東館・閉館前日

3月30日(土曜日)は東横店東館の閉館前日だった。
西館と南館は4月4日にリニューアルオープンとなるが、東急デパート(東横百貨店)の創立の元だった東館は残念ながら廃止・解体される運命となっている。

DSC_0491A.jpg

DSC_0495A.jpg

DSC_0498A.jpg


  1. 2013/04/05(金) 21:57:44|
  2. 時事問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

定年人生を心豊かに Hints for enjoing retirement life

中国の古典に『黄帝内経(こうていだいけい)』という漢の時代に書かれた医学書があり、そこには東洋医学の根本となる考え方が書かれている。そこでは、人間の一生の過程において、女性は「7」、男性は「8」の倍数の年齢に、体に変化が表れるとされてます。若さがずっと続けばいいと考える人は沢山いますが、実際それは無理な事で、年とともに衰えていくのが人間の自然な姿なのです。
東邦大学東洋医学科教授の三浦先生は、次のように言ってます。

大切なのは、若返ることではなく、病気になる手前の未病の段階で防ぎ、より健康で元気な生活を送ること=養生することです。そのためには、自分の体の声に耳を傾け、体の要求に従うこと。たとえば、だるかったら休む、体が冷たかったら温めるなど、不足しているものを補い体の調子を整えるのです。東洋医学では「腎」の働きが衰えると生命力が落ちると言われてます。そのため、生薬を煎じたり薬用酒として摂り入れたりする漢方薬は、西洋医学の薬のように病気に直接作用するのではなく、体の調子を整えて、生気や機能を正常に近づけるよう考えられてます。東洋医学は予防医学ともいえます。

三浦線先生は「養生の為の4つのポイント」を上げてます。

ポイント1:食事 腹八分目を心掛ける
ポイント2:呼吸 特に深呼吸は副交感神経の働きを高め、体の回復を良くして気持ちをなだめてくれる
ポイント3:体を動かすこと 無理せず、適度な運動が大切
ポイント4:考えること ただし、思いすぎず、悲しみすぎず、畏れすぎないのが大事

さて、前振りが長くなってしまったが、ここからが本日の本題である。
皆さんは「横井也有」という人をご存知だろうか。300年前の江戸時代、尾張藩で大番頭、寺社奉行を務め、53歳で職を辞すると、82歳で亡くなるまで風雅な隠棲生活を送っている人である。彼の死後に出版された『鶉衣』は江戸俳文の最高峰とされ、充実した第2の人生を願う現代人にも示唆に富む内容の本である。かくゆう筆者も未だこの本は読んでなく、エッセイストの岡田芳郎氏の紹介でこの本を知り是非読んでみたいと思う次第なのです。
今よりずっと寿命の短かった時代に、他有は82歳まで長生きしています。そして60歳を迎えた時に、彼は「年老いて恥多し」と書いている。他有がそこで云いたかったのは「60まで生きたことは大変喜ばしいことだが、第1線から身を退いたら身の処し方を考えよ」ということではないか。しゃしゃり出ず、あらゆるしがらみを振り捨て、自由を大事にしようということではないか。人生は有限だから、周りの人を大切に、やりたいことを今やろうじゃないかということ。「現役人生」に自分で幕を引く、つまり、幕を引く余力が残っている時に自分で区切りをつけて、余力で新たな充実を求めるということ。そして、自分の役割を常に開発していく、どんなことでもいいから人生のドラマの主役は自分であるのだから、傍観者にならずに自分自身が登場人物として活躍することを考える、さらに、常に外部のものを取り込む仕掛けを持って、閉じこもらないようにすることが大事。要は、自分なりのテーマを見つけて、そこに向かって挑戦していく気持ちが大事なのだ。

以上は、『楽隠居のすすめ~鶉衣のこころ』を出版された岡田芳郎氏の言葉である。

更に岡田氏は言う、

会社勤めから開放されたら、束縛されるものはないし、結果を問われることもないわけですね。だからこそ、魅力的な人間であり続けることが大事だと思います。では、魅力的な人間とはどういう人のことか。私なり整理しますと、「社会的な存在感」「美的な価値」「未来展望」の3つを兼ね備えている人だろうと思うんです。
「社会的存在感」は、社会の一員としての存在感ということです。「美的な価値」は、物腰や態度の美しさ、「未来展望」は、先々の夢や展望を持っている人かどうか。将来をみつめている人には発展性がありますよね。
定年になって会社や役職から離れるということは、それまでの「社会的存在感」を失うということです。その時に、「美的な価値」や「未来展望」も同時になくしてしまう人が居る。定年後の人生を生き生きと過ごすには、それでは困る。では、どうするか。定年後に「社会的存在感」「美的な価値」「未来展望」の3つを自分を基準に再構築すればいいんです。

第二の人生をいかに生きるべきかを自分に問うてきた私にとっては上記のことは大変示唆に富む内容で、非常に感化させられた。これらの示唆に富む内容を糧にして私の第二の人生を構築して行きたいと思っている。

  1. 2012/02/07(火) 11:23:46|
  2. 時事問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

nighttrain999

Author:nighttrain999
目黒区の都立大学で産湯を使い、長じて多摩ニュータウンに移り住んでン十年の”おじさん”です。サラリーマン渡世を無事に勤め上げて第二の人生を謳歌しております。
多彩な趣味のお陰で時間が足りなくて、とても仕事をしている暇がないという次第。
興味のあるものは: 鉄道・車・オーディオ・カメラ・地図・文学・歴史・音楽(特にJAZZ)・英国
画像使用の問い合わせ先:n.sugii@nifty.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
英国 (1)
鉄道 (375)
車 (56)
春 (19)
文学 (12)
時事問題 (10)
季節 (50)
旅 (10)
歴史 (36)
新宿御苑 (20)
音楽 (69)
写真・カメラ (29)
10年前の鉄道風景 (7)
総天然色の鉄道風景 (14)
昭和の鉄道世界 (30)
食事 (28)
侏儒の薀蓄学 (5)
私の本棚から (9)
昭和鉄道写真館 (14)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。