ナイトトレインの平成・徒然草 ~心にうつるよしなしごとを書き連ねて~

《鉄道》《車》《音楽》《文学》等にまつわるよしなしごとを、つれづれなるままに書き連ねてまいります。  

小田急 VSE 50000型

小田急のロマンスカーの代表選手といえばVSE(50000型)であることに異議を唱える人はいないと思うが、このVSEは製作費にお金がかかることからわずか2編成と云う小世帯で、50001x10編成と50002x10編成のみである。 このVSEは小田急のロマンスカーの中でも特別扱いで新宿~小田原間をノンストップで走る「スーパーはこね」を中心に「はこね」の運用で走っている。 

2014年9月 登戸駅にて撮影 50002x10編成
DSC_0019A_20140928105536e90.jpg
DSC_0020A_20140928105537efc.jpg
DSC_0022A_20140928105538709.jpg

スポンサーサイト
  1. 2014/09/28(日) 10:59:12|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Cherry Spice 3/4(よんぶんのさん)

大和市骨董市の特設ステージに出演したCherry Spice 3/4の演奏を聴きに行ってきた。 普段はリードギター・リズムギター・ベース・ドラムの4人で演奏するバンドであるが、時々2人や3人で演奏することがあり、この日はリードギター・リズムギター・ベースの3人構成で、リードだけエレキとアコギを持ち替えながらの演奏であったが、後の2人はエレキではなくアコギとWood Baseでの演奏であった。この日は生憎と小雨がばらつく天気だったので、テントの下での演奏となり、写真が撮りにくい状況であった。 しかしそんな悪条件の中で予想外に良い写真が撮れたのでご紹介したい。

DSC_0334 (2)A
DSC_0369A_20140925223358e11.jpg
DSC_0373A_20140925223359561.jpg
DSC_0374A.jpg

  1. 2014/09/25(木) 22:20:02|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京メトロ・銀座線・渋谷駅

東京メトロ銀座線の渋谷駅は渋谷駅周辺の再開発計画によると今の位置より東側に移動して相対式ホームから島式ホームに変わることになっている。長年渋谷駅を利用してきた筆者としては東横線の地上ホームが消えたのに続き長年親しんできた光景が消えていくことに寂しさが募る。 山手線・埼京線の渋谷駅もホームの構成や位置が変わることになっているので、私にとっての渋谷駅は10年後には全く違う渋谷駅になるので、今のうちに思い出の渋谷駅の姿をカメラを通して保存しておこうと思っている。 まずは東京メトロ銀座線・渋谷駅から始めたい。

うす暗い渋谷駅構内は昭和の香りが残っている。 電車の右側に見えるビルはかつては「東急文化会館」であったが、今は東急ヒカリエという商業施設になっている。 電車左手に人が見える改札口は東横線の渋谷駅が地上にあった時の乗り換え用の改札口。 筆者が都立大学に住んでいた時に一番お世話になった改札口である。
DSC_0051 (2)A
DSC_0060 (2)A
DSC_0061A_20140918104352d36.jpg

降車ホームから見た乗車ホームに停車中の浅草行電車。 降車ホームには出口が三ケ所あり、一番奥の表参道駅寄りの出口が東横線ホームが地上にあった時の乗り換え用出口、そしてホームの中ほどの出口がJR線の乗り換え用の出口、そして一番手前が東急デパートに直結する出口でもあり、井の頭線乗り換えの出口でもある。
DSC_0047 (2)A

  1. 2014/09/18(木) 10:45:16|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

還暦少年

「事実は小説より奇なり」とは良く言ったもので、この『還暦少年』を読んで事実をルポした実録小説に感銘を受けた。実は大学のOB会の先輩である木村親光さんの野球での様子をルポした小説が単行本として講談社から7月に発行されたことを教えていただき、図書館から借りてきて読んだ。木村親光さん以外の同じ野球チームの方も何名か取り上げられており、それぞれが短編としてまとめられて出版されたものである。 木村さんが品川区の還暦野球チームを楽しんでいることは知っていたが、昔から野球をやっていてそれを還暦チームで復活して草野球を楽しんでいるものだと思っていた私は、この小説を読んで驚いた。彼が野球を始めた裏に小説で書かれていたような経緯があることを知って、不覚にも読むうちに涙があふれてくるのを禁じえなかった。実名で登場する他のチームメンバーの話もすばらしくて、人の人生の奥深さを知り、本を読み終えて大きな感動に包まれてしまった。そして私の人生も終わりが近づいてきているのだが、小説に登場する方々のような意義ある人生を私は歩んでいるのだろうかと思わずにはいられない。
久しぶりにさわやかな涙を流すことができた実録・実名小説が『還暦少年』だった。
還暦少年001

  1. 2014/09/16(火) 10:50:51|
  2. 文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京メトロ・銀座線・1000系ブルーリボン賞

着実にその数を増やしている東京メトロ。銀座線の1000系。今ではかなりの確率で1000系に乗れるようになってきた。そろそろ逆転して01系に乗れるのが楽しみになりそうである。
そんな1000系は、2013年10月に鉄道友の会のブルーリボン賞を受賞している。地下鉄の車両は過去にローレル賞の受賞は経験しているのだが、地下鉄車両のブルーリボン賞は初の快挙である。現在1000系のいくつかの編成にはブルーリボン賞受賞記念のヘッドマークのステッカーが貼付されている。また両端の車両の運転室側の側面にも受賞記念のステッカーを貼付している。筆者の観察した限りの判断であるがどうもシングルナンバー編成に記念ステッカーが貼付されており、2桁ナンバーの編成には貼付されていない。おそらく昨年10月の受賞時点で就役していた編成のみがステッカーを貼付して走っているのではと推察している。

受賞記念HMステッカーが貼付されている1000系01編成。渋谷駅にて9月13日撮影。
DSC_0005 (2)A
1101の側面。表参道駅にて9月13日撮影。
DSC_0010 (2)A
DSC_0011 (2)A
表参道駅を出発する1000系01編成。9月13日撮影
DSC_0014 (2)A
1101号の車内に貼られているブルーリボン賞受賞記念プレート。
DSC_0037A_20140915100157b9c.jpg
渋谷駅にて1101号のHMステッカーを撮影。
DSC_0040A_20140915100158ee8.jpg
渋谷駅にて1000系01編成を撮影
DSC_0041A_201409151002003c5.jpg
DSC_0044 (2)A

  1. 2014/09/15(月) 10:09:30|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

nighttrain999

Author:nighttrain999
目黒区の都立大学で産湯を使い、長じて多摩ニュータウンに移り住んでン十年の”おじさん”です。サラリーマン渡世を無事に勤め上げて第二の人生を謳歌しております。
多彩な趣味のお陰で時間が足りなくて、とても仕事をしている暇がないという次第。
興味のあるものは: 鉄道・車・オーディオ・カメラ・地図・文学・歴史・音楽(特にJAZZ)・英国

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
英国 (1)
鉄道 (372)
車 (54)
春 (19)
文学 (12)
時事問題 (10)
季節 (50)
旅 (10)
歴史 (36)
新宿御苑 (20)
音楽 (69)
写真・カメラ (29)
10年前の鉄道風景 (7)
総天然色の鉄道風景 (14)
昭和の鉄道世界 (30)
食事 (28)
侏儒の薀蓄学 (4)
私の本棚から (9)
昭和鉄道写真館 (11)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR