FC2ブログ

ナイトトレインの平成・徒然草 ~心にうつるよしなしごとを書き連ねて~

《鉄道》《車》《音楽》《文学》等にまつわるよしなしごとを、つれづれなるままに書き連ねてまいります。 このBLOGに掲載された写真などを他のMediaなどに掲載される際の問い合わせ先はn.sugii@nifty.comです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東名厚木健康センター

Cherry Spiceは新しい舞台として健康センターにも進出している。ここで特に人気を博しているのが「歌謡曲メドレー」で、有名な曲である 「みちのく一人旅」「雪国」「津軽海峡冬景色」「舟歌」など皆さんが口づさみながら聞いていたのが印象的であった。

準備の整った舞台が主役の登場を待っている。
DSC_0005A_20150326235957fba.jpg

午後一番のほうが観客は多かったそうであるが、これは夜の部の観客席。
DSC_0021A_2015032623595807a.jpg

DSC_0025A_20150326235959a52.jpg

ワイヤーレスなのでギターを演奏しながら客席を巡回しているHarukaさん
DSC_0031A_20150327000001921.jpg

DSC_0051A_20150327000002bc7.jpg

「銀座の恋の物語」をギター2本でデュエットしたのも大うけだtった。 この写真はダークアイズの演奏の時のもの。
DSC_0119A_20150327000624664.jpg

4月12日のCherry Spice Festivalの紹介中の写真。
DSC_0151A_20150327000626043.jpg

おなじみのベースたたきの場面
DSC_0270A.jpg

ベースたたきの発展形、ドラムとベースの二人が歌でハモル場面。
DSC_0283A.jpg

スポンサーサイト
  1. 2015/03/27(金) 00:08:59|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JCCA New Year Meeting 2015 (その3)

マツダ車編をお送りします

【サバンナRX-7】  やはりマツダといえばロータリーエンジンということで、初代コスモスポーツに次いで2番目のロータリー-専用車ということで1978年にサバンナRX-7がデビューした。国産車としてはトヨタ2000GT以来というリトラクタブルヘッドライトを採用した低く空力的なノーズを持つスタイルはコスモスポーツの後継車という称号がぴったりで、ラグジュアリークーペとして1975年に登場したコスモAPには他の名称を使ってもらい、こちらのサバンナRX-7にこそ「コスモ」を名乗って欲しかったというのがわたくしの意見。
DSC_0176A_201503262126571b2.jpg

【ファミリア・ロータリークーぺ】  ロータリーエンジンを初めて搭載したコスモスポーツを発売したマツダは、ロータリーエンジンを実用車に乗せて普及をはかるべく1968年に「ファミリア・ロータリークーペ」を登場させている。 さらなる実用車への普及を目論んで1969年にはファミリアの4ドアー・ロータリーセダンを発売している。 かくいう私は2代目コスモとなる「コスモAP」を購入して排ガス規制で元気のない国産車を尻目にロータリーエンジンで元気な走りを存分に楽しませていただいた。
DSC_0178A_20150326212659ca4.jpg


  1. 2015/03/26(木) 21:25:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大和市骨董市でのCherry Spiceライブ

大和市骨董市ではこのところ定期的にCherry Spiceの演奏が聴けるようになった。
この日はドラムが入らないでリードギター・サイドギター・ベースの3人なのでCherry Spice 3/4 ということで素晴らしい演奏を堪能させてもらった。

DSC_0064A.jpg

DSC_0039.jpg

DSC_0246A_201503262036258fa.jpg

DSC_0404A_2015032620362717d.jpg

DSC_0030A_20150326203621850.jpg

DSC_0503A_20150326203748030.jpg

Cherry Spiceの生の演奏を見たい方は4月12日海老名文化会館へお越しください。
2015-4-12-6(m).jpg

  1. 2015/03/26(木) 20:41:07|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JCCA New Year Meeting 2015 (その2)

いすゞの車を紹介したい。

【ベレット1600GTR】 ユーミンの歌にも登場するベレGの硬派モデル「ベレGR」は1969年に加わったモデルで117クーペの用のDOHCエンジンを換装しており、ブラックアウトしたボンネットとフォグランプが普通のベレGとの違いを出している。
DSC_0145A_2015032521483576d.jpg

【117クーペ】  この写真のモデルはハンドメイドから機械加工の量産タイプになった後のモデルだがほぼオリジナルのスタイルを継承していてヘッドライトも私の好みの丸目である。 私が購入意欲をそそられたいすゞの車の一つがこの117クーペで、最後の117クーペを買うか買うまいか悩んで結局買うのをあきらめて日産のレパードを購入している。買わなかった最大の理由はフロントの角形ヘッドライトで、わたくしとしてはオリジナルの丸形ヘッドライトが欲しかったが、1977年のマイナーチェンジで角形になっていた。1981年が新車で117クーペを買う最後のチャンスだったのだが・・・・
DSC_0131A_20150325214834bd3.jpg

【初代ジェミニ】 ベレットの後継車種として1974年に登場したジェミニは、GMの傘下になっていた時代の産物でオペルカデットとボディデザインを共通にして誕生した。マイナーチェンジでフロントが逆スラントノーズからスラントノーズに変更されている。二代目と三代目のジェミニはいすゞのオリジナルデザインだったが、四代目で再び他社デザイン(ホンダシドマーニのOEM)のモデルになった数奇な運命の車である。
DSC_0130A_20150325214832462.jpg

  1. 2015/03/25(水) 21:33:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

JCCA New Year Meeting 2015 (その1)

昨年は変則で富士スピードウェイで開催されたJCCA New Year Meeting が、今年はいつものお台場の青海駐車場に会場が戻ってきた。昨年は別の行事があり富士まで行けなかったが、今年は行事の重なりもなくお台場なので問題なくいくことができた。
会場で私の好きな車たちに会うことができるのが楽しみで、そんな車たちの写真をいくつか紹介していくことにしたい。

トヨタ800と人気を2分した小型オープンスポーツカーの一つ、ホンダS800.この写真の車は数が少ないハードトップモデル。私は後付のハードトップモデルのスタイルがあまり好きではなくて、ソフトトップのモデルを好む。わたくしが一時真剣にに購入を考えた車であるが、縁がないまま時が過ぎて、これからの購入はないと思う。
DSC_0127A_201503201128459fe.jpg

ホンダ・シビックRS.初代シビックのスポーツモデル。たぶんホンダが各種モデルのスポーツバージョンにRSの名称を使うようになった最初のモデルだと思う。高校時代の友人のS君がこの初代シビックRSのモスグリーンの車に乗っていた。
ちなみにRSはRoad Sailingの略だそうである。
DSC_0122A_20150320113543bd4.jpg
ホンダ 1300 77S ホンダが初めて出した4ドアー乗用車で、なんとホンダらしく強制空冷の直4SOHCエンジンを積むモデル。4キャブのモデルは99Sと呼ばれ、ヘッドライトも77が四角に対して99は丸型だった。
DSC_0125A_201503201135453f4.jpg


  1. 2015/03/20(金) 11:21:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

七里ヶ浜・イタリアンレストラン「アマルフィ・デラセラ」

前々から一度訪れたいと思っていた評判のイタリアンレストラン「アマルフィ・デラセラ」に行くことができた。季節が良いと混むし、特に土曜・日曜は待ちの行列が長くなり大変だそうであるが、私たちが訪れたのは冬の平日だtったので、待つことなくすぐに席に案内された。

まずは踏切でない江ノ電の線路を越えるとこから始まる。
DSC_0034A_20150316104057c5c.jpg
線路を渡るとお店の看板を左手に見て、この階段を上がる。上に見える赤いパラソルがアマルフィデラセラのテラス席のあるところ。
DSC_0029A_20150316104055ad0.jpg
写真ではわかりにくいが結構な急斜面の坂道を上る
DSC_0027A_20150316104054952.jpg
登りきるとレストランの入り口があるが、通常は右側からテラス席に案内される。雨がひどくない限りは室内のテーブル席は使わないそうである。
DSC_0024A_20150316104052f4c.jpg
入口の前庭から見た江の島方面の展望
DSC_0019A_2015031610405122a.jpg
このレストランの一番の売りはテラス席からの展望である。
DSC_0002A_2015031610535843e.jpg
眼下に広がる七里ガ浜の海、黄色の建物は「アマルフィ本店」
DSC_0006A_20150316105359428.jpg
逗子・葉山方面に目を向けると冬なのに元気に海に出ているサーファーの姿があった。
DSC_0013A_20150316105404667.jpg
ランチコースのオードブルとサラダ。
DSC_0008A_20150316105401a41.jpg
メインはピザ
DSC_0011A_20150316105402825.jpg
デザートまでいただいての我々の評価は普通。特別にこの味を求めてくるレベルではなかった。現在までのこのエリアで一番のおすすめレストランんは葉山の音羽の森ホテルのレストランである。金額はランチでも一人一万円を覚悟する必要があるが、コストパーを考えると1万円でも高いと言う印象はない。
DSC_0016A_20150316110440a90.jpg



  1. 2015/03/16(月) 11:07:55|
  2. 食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10年前の鉄道風景(7) 京葉線 331系

正確に言うなら6年前ということになるのだが、四捨五入して10年前というくくりで、2009年に京葉線の新浦安駅で撮影した331系の写真を紹介したい。京葉線で使用されていた201系の置き換えを目的として2006年3月に量産先行としてデビューしたのが331系である。そしてこの331系は国鉄・JRを通じて初の営業運転を行った連接車という栄誉も担っている。しかしながらダイレクト駆動方式という新しい駆動方式が仇となって、追加の編成も製造されることなく1編成のみの異端児となって、運転される機会も少ないまま2014年4月に廃車・解体されてる。
デビュー後2007年3月14日から半月ほど営業運転に入ったのちにすぐ改良の為に製造会社に入庫している。そして復帰後、2008年の12月23日から2009年の5月まで営業運転に入ったのち、不具合があり再び車庫生活に戻り。2010年4月から2011年1月まで営業運転に供されたが、再び不具合を生じて車庫になり2度と営業運転には復帰することなく2014年4月に廃車となって完全にその姿を消してしまった。
試作電車AC(Advanced Commuter)トレインE993系の成果を受けて、連接車およびDDM(Direct Drive Motor:車軸直接駆動式モーター)を採用した量産先行車として誕生したE331系であるが、一番のネックはDDMだったようで、この駆動方式に関連するトラブルに悩まされて、その生涯のほとんどを車庫で過ごすこととなってしまった。連接車は小田急のロマンスカーや他の私鉄でも採用されて実績がある技術なので、DDMによってダメ車両の烙印を押されてしまい、結果として国鉄・JRで連接車両が本格的に採用される機会を失ってしまった事はくれぐれも残念と言わざるを得ない。
331系は連接車ということで車体長が20mではなく、先頭車と中間のサハ2両が16m、その他は13mということで14両編成だったが、編成長は20m級車10両編成と同じ長さだった。製造後ほとんど車庫で寝ていた為にこの電車を見かけたり乗ったりできた人の数はごく限られていたようで、331系を撮影した写真を見る機会は非常に少ないと思う。

そんな希少車331系を2009年5月9日に新浦安の駅で見かけて写真を撮っているので、ご紹介したい。

20090509武蔵野京葉線1 155A
置き換え対象の201系と並んだ331系
20090509武蔵野京葉線1 157A
20090509武蔵野京葉線1 158A



  1. 2015/03/15(日) 12:47:25|
  2. 10年前の鉄道風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中華料理店「万屋」

いつもはランチで利用していた中華料理店「万屋」にディナーで行ってきた。ここは評判の味が良い中華料理店で、我々がいつも行くイタリアンの店「YAMA」のオーナーシェフも絶賛の中華料理店である。評判の中華料理店だからと言っても立派なお店を期待してはいけない、決して立派な門構えでもないし、店内も適度な古さがあり、綺麗なお店を期待して行くべき処ではない。とにかく味が良くて良心的な価格であることがこのお店の最大の売りである。

ランチでは麺類やチャーハンを頼むが、ディナーなので定食セットにした。海老チリと海鮮風豆腐野菜煮込み定食だった。
IMG_5653A.jpg

  1. 2015/03/15(日) 00:19:30|
  2. 食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上野東京ライン開業記念ヘッドマーク(HM)付きE231系

いよいよ3月14日のダイヤ改正から待望の上野東京ラインで営業運転が始まった。赤羽駅で北斗星のファイナルランの写真を撮るために待機していたら運良く「祝上野東京ライン」のHM付の231系が走ってきたので、カメラを向けて写真に収めてきた。赤羽駅でチェックした限りでは東海道線直通の電車の方が上野止まりの電車よりも多かったので、予想以上に直通が多いことにびっくりさせられた。北斗星撮影後、東京駅まで乗った電車が東海道直通鵜だったので、上野ー東京間の初乗りを楽しむことができた。乗降状況をチェックしたら、直通電車の半分近くの乗客は上野で下車する一方、東京駅では降りる人が少なくて、大部分の乗客は東京駅ではなくて新橋駅以降の下車客のようだった。

HM付の小山車両センターの231系 (U507編成)
DSC_0019 (2)A
DSC_0021 (2)A

  1. 2015/03/14(土) 22:40:49|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最後のブルートレイン「北斗星」

最後のブルートレインだった寝台特急「北斗星」のラストランの写真をお目にかけたい。栄光の列車番号1レ(下り)・2レ(上り)の内、昨夜札幌を旅立った上り「北斗星」(2レ)を赤羽駅で迎えて撮影してきた。
最終日の2レは福島以降で到着時間が1時間から1時間半繰り下げられていて、終着駅上野へは通常9:38着が11:07着になっていた。従って、次の予定がある私としては駅撮りして次の電車に飛び乗る必要がある。当初は大宮駅での撮影を考えていたが、大宮駅でよい撮影ポイントを確保できるかどうか自信はなかった。しかし大宮へ向かう電車が赤羽駅へ着いた時に、ここのホームではまだ撮影ポイントに余裕があることがわかり、撮影条件は大宮駅より劣るがここで撮影することに決めた。2レの通過予定時刻の2時間前であるがすでに大宮寄りのホームの端には10人以上のファンが集まっていた。かろうじて最後に残っていた撮影ポイントを確保して2レを待つ。しばらくすると本日からダイヤ改正で誕生した上野東京ラインの祝ヘッドマークを付けて電車が入ってきて、それまでは見慣れた231系や233系ばかりで誰もカメラを向けなかったのに急にせわしくシャッター音が響いた。ところが2レが通過する40分前位に「さいたま新都心駅」で次の電車が車両点検の為に停車しているとのアナウンスがあり、これが長引くと2レも影響を受けて遅れる可能性が出てきて私をいらだたせた。もし通過予定時刻が10分以上繰り下がると私は次の予定のためにこの場を出なくてはならず撮影ができなくなるからだ。 しかし幸いなことにさいたま新都心駅に止まっていた電車は7分遅れで赤羽に到着して、その後の電車も徐々に遅れを回復して、2レはほぼ通過予定時刻に赤羽にやってきた。 最後の定期寝台特急「北斗星」にご苦労様と心でつぶやきながらシャッターを押した。 実は「北斗星」は不定期列車という形で4月2日から8月22日まで週3往復運転されることになっているので、本当の意味でのラストランは8月22日(札幌発、上野発の最終は21日)ということになるのだが、不定期列車なので栄光の列車番号1レ・2レではなくてカシオペアと同じ8000番台になるものと思う。

遠くに青い北斗星色を身にまとったEF510-514の姿が見えるとファンの間から「来た!」と声が上がり、一斉にシャッター音が響き始めた。
DSC_0068 (2)A
DSC_0070 (2)A
そして赤羽駅に滑り込んできた「北斗星」はアッという間にファンの前を通過していった。
DSC_0074 (2)A

  1. 2015/03/14(土) 17:40:25|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私の昭和味(その3) 「ライオンバターボール」と「マコロン」

ライオンバターボールを久しぶりにしゃぶってみたら、懐かしい子供時代に戻ったような気分だった。
佐久間式ドロップ・森永ミルクキャラメルなどと共に子供のころによく食べた飴として「ライオンバターボール」がある。飽食の時代になっておいしいお菓子が溢れている今、あえて昔の味を求めて買い漁っているのであるが、なかなかスーパーのお菓子売り場でも探すのが難しくて、見かけると速攻で購入している。

DSC_0001A_201503082316019f4.jpg

「マコロン」も昔の味である。似たようなお菓子もあるので、マコロンの代わりにそれらを買い求めて味わうことはできるが、やはりマコロンの表示を見つけるとつい手が伸びてしまう。

DSC_0004A_201503082325403b9.jpg

  1. 2015/03/08(日) 23:26:28|
  2. 食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相鉄 事業用車両 700系(モヤ700形)

相鉄には営業用の車両以外に事業用の車両があり、700系(モヤ700形)4両がかしわ台車両センターに所属している。東海道新幹線で有名なドクターイエロー(検測車)と同じ役目の検測車がモヤ701+モヤ702で、救援車がモヤ703+モヤ704である。これらの4両の事業用車両は、検測や救援以外でも構内での入れ替えや車両の牽引などにも使用されている。 また月2-3回行われる検測時には4両編成で走行している。
過日「かしわ台車両基地」にいるところを通りがかりの電車から撮影したので、その写真をお目にかけたい。走行中の電車からの撮影なので見苦しいところがあるのは、ご勘弁いただきたい。

検測車のモヤ702+モヤ701、右がモヤ701.
DSC_0051AA.jpg
DSC_0052AA.jpg

  1. 2015/03/03(火) 10:14:07|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昭和の鉄道世界 (30) 江ノ電・極楽寺車庫

昭和の鉄道世界 (2~5)で昭和38年10月に撮影した江ノ電の写真を紹介させていただいた。 今回はその時の写真の追加である。

手前の本線越しに車庫を眺めた写真。 当時は最新鋭の車両が旧500型だったので、車庫に見える車両は1番左端に見えるタンコロ108号以外はすべて引退して今はその姿を見ることはできない。
00030014AA.jpg

昭和38年(1963年)時にはタンコロ(100型)は106号・107号・108号・110号の4両が稼働していて、白丸板の続行票を掲出して特殊続行運転をして2両編成の電車を補っていた。
00030016AA.jpg


  1. 2015/03/01(日) 23:53:11|
  2. 昭和の鉄道世界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

nighttrain999

Author:nighttrain999
目黒区の都立大学で産湯を使い、長じて多摩ニュータウンに移り住んでン十年の”おじさん”です。サラリーマン渡世を無事に勤め上げて第二の人生を謳歌しております。
多彩な趣味のお陰で時間が足りなくて、とても仕事をしている暇がないという次第。
興味のあるものは: 鉄道・車・オーディオ・カメラ・地図・文学・歴史・音楽(特にJAZZ)・英国
画像使用の問い合わせ先:n.sugii@nifty.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
英国 (1)
鉄道 (375)
車 (56)
春 (19)
文学 (12)
時事問題 (10)
季節 (50)
旅 (10)
歴史 (36)
新宿御苑 (20)
音楽 (69)
写真・カメラ (29)
10年前の鉄道風景 (7)
総天然色の鉄道風景 (14)
昭和の鉄道世界 (30)
食事 (28)
侏儒の薀蓄学 (5)
私の本棚から (9)
昭和鉄道写真館 (14)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。