FC2ブログ

ナイトトレインの平成・徒然草 ~心にうつるよしなしごとを書き連ねて~

《鉄道》《車》《音楽》《文学》等にまつわるよしなしごとを、つれづれなるままに書き連ねてまいります。 このBLOGに掲載された写真などを他のMediaなどに掲載される際の問い合わせ先はn.sugii@nifty.comです。 

東京駅八重洲口

復元再生成った東京駅丸の内口にスポットが当たってしまい、意外と注目されてないのが東京駅八重洲口であるが、時を同じくして八重洲口も大きく変化している。1954年10月にオープンした東京駅八重洲口のキーテナントとして大丸東京店が入る駅ビル(鉄道会館)が2007年10月30日をもって閉館して、跡地にグランルーフ(2013年9月オープン)が建てられた。そしてグランルーフを渡り廊下として南北に駅ビルとしてグラントウキョウサウスタワー・グラントウキョウノースタワーが作られて、大丸東京店ははグラントウキョウノースタワーの低層部にてオープンしている。鉄道会館ビルは12階建て(開業当初は6階建で1968年6月に12階まで増築)で八重洲口から丸の内へ抜ける風を遮っていたが、グランルーフは3階建ての低層施設なので風通しが格段に良くなった。

DSC_7944A.jpg

スポンサーサイト
  1. 2015/09/22(火) 10:59:03|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京急・新馬場駅を通る電車たち

京急・新番場駅を通る電車たちをご紹介させていただきます。ここでは京急の電車だけでなく乗り入れてくる都営浅草線・京成線・千葉ニュータウン線・北総線の車両も撮れるので、バラエティ豊かな車両のスナップ写真を紹介させていただきます。

京急の新1000形。 都会の真ん中の本線で4両編成が見られるのは非常に貴重。
7906A 1000

千葉ニュータウン鉄道の9200形
7908A 9200

京急800形 すでに廃車が始まっているので消えていくのも時間の問題。
7912A 800

京急600形
7921A 600

京急2000形 こちらも廃車が始まっているので写真を撮るなら急いだ方が良い。
7927A 2000

千葉ニュータウン鉄道9100形
7930A 9100

京成電鉄3700形
7931A 3700

京急2100形
DSC_7904A.jpg

  1. 2015/09/21(月) 22:31:51|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉祥寺駅北口のバス

吉祥寺駅には小田急バス・京王バス・関東バス・西武バス・ムーバス(関東バスと小田急バスが運行する武蔵野市コミュニティバス)の5バス事業者が路線を設定しており、そのうち駅北口には関東バス・西武バス・ムーバスが乗り入れている。

首都圏西北部に路線を持つ関東バスは中央線以北で活躍している。
DSC_7951A.jpg

西武線沿線に路線網を持つ西武バス。
DSC_7953A.jpg

コミュニティバスバス発祥の地・武蔵野市の「ムーバス」。 コミュニティバス(ミニバス)の定番である日野ポンチョが使用されている。
DSC_7954A.jpg

  1. 2015/09/20(日) 18:40:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

イタリアンでかき氷

前に行った青物横丁のおいしいイタリアンでデザートにかき氷があると言うことで早速に注文してみおた、夏季限定(7月中旬~9月中旬)なのでまもなくメニューからは消えるはずであるが、これが特別価格であることが納得できる極上のかき氷だった。見た目からも想像できたが、口にすると雲を食べるようなソフトな感触で今まで経験したことがない食感だった。抹茶と杏子ともう一品かけるシロップが選べるのであるが、私の頼んだ杏子はシロップというよりも杏子ジャムのようなシロップで果物の味がそのまま味わえた。聞いたら氷は長野から取り寄せた天然氷を使用しているそうである。

DSC_7941A.jpg
  1. 2015/09/20(日) 11:51:08|
  2. 食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アール・ヌーヴォーのガラス展

パナソニック汐留ミュージアムで本日(9月6日)まで開催されていた「アール・ヌーヴォーのガラス展」に行ってきた。ヨーロッパ随一のガラスコレクションで知られるデュッセルドルフ美術館に寄贈されたゲルダ・ケプフ夫人のガラスコレクションが、ドイツ国外では初めてまとまった形で公開された。
アール・ヌーヴォーの源泉として重要な役割を果たしたジャポニスムやシノワズリを色濃く反映したウジェーヌ・ルソー、エルネスト・レヴェイエ、ウジェーヌ・ミシェル、オーギュスト・ジャンなど、パリのガラス工芸家たちの作品群。同様に東洋美術に傾倒しながらやがてそれを深く吸収し独自の芸術様式を開花させたエミール・ガレ。さらにガレに強い刺激を受けて同時代を並走するドーム兄弟、そして彼らの制作を支えながらも試行錯誤を繰り返して独自の制作にも挑んだデズィレ・クリスチャン、ミュレール兄弟、ポール・ニコラなどのデザイナー、職人たち。ケプラコレクションは、アール・ヌーヴォーの二大拠点となったパリとアルザス=ロレーヌ地方を舞台に繰り広げられた、「新しい芸術=アール・ヌーヴォー」の成果を余すところなく示すものと言える。

img001A_20150906215154878.jpg
img002A_20150906215156863.jpg

  1. 2015/09/06(日) 21:53:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小田急・大和駅

小田急・江の島線の大和駅を紹介する。大和駅は小田急・江の島線の開通した昭和4年に開設された駅で、当初は大正15年に設置されていた神中鉄道(現在の相鉄)の大和駅の西側にあることから西大和駅となっていた。鉄道線が交差する場合には当然のことながら後からできる路線が立体交差で上(高架)または下(地下)となるので、小田急線も高架で神中鉄道線を越えていた。 両駅間の距離があり乗り換えに不便だったので、正式に乗換駅になるべく相模鉄道の駅が西側に移動して小田急線と交わる部分に駅が設置された昭和19年(1944年)に小田急の駅名が「西大和」から「大和」に変更されている。その後乗り換えの便と踏切解消の為に相鉄線が地下化され、同時に小田急も急行と普通の接続の為に4線2ホーム化の工事を行い平成6年(1994年)に連続立体化工事が完了して今のような駅形態となっている。

DSC_7360A.jpg
  1. 2015/09/02(水) 23:35:35|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

nighttrain999

Author:nighttrain999
目黒区の都立大学で産湯を使い、長じて多摩ニュータウンに移り住んでン十年の”おじさん”です。サラリーマン渡世を無事に勤め上げて第二の人生を謳歌しております。
多彩な趣味のお陰で時間が足りなくて、とても仕事をしている暇がないという次第。
興味のあるものは: 鉄道・車・オーディオ・カメラ・地図・文学・歴史・音楽(特にJAZZ)・英国

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
英国 (1)
鉄道 (374)
車 (56)
春 (19)
文学 (12)
時事問題 (10)
季節 (50)
旅 (10)
歴史 (36)
新宿御苑 (20)
音楽 (69)
写真・カメラ (29)
10年前の鉄道風景 (7)
総天然色の鉄道風景 (14)
昭和の鉄道世界 (30)
食事 (28)
侏儒の薀蓄学 (4)
私の本棚から (9)
昭和鉄道写真館 (14)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR