FC2ブログ

ナイトトレインの平成・徒然草 ~心にうつるよしなしごとを書き連ねて~

《鉄道》《車》《音楽》《文学》等にまつわるよしなしごとを、つれづれなるままに書き連ねてまいります。 このBLOGに掲載された写真などを他のMediaなどに掲載される際の問い合わせ先はn.sugii@nifty.comです。 

AUTOMOBILE COUNCIL 2016 (7)

AUTOMOBILE COUNCIL 2016 で私の一番の注目を引いた車は主催者展示のポルシェ・カレラGTSだった。 通称ポルシェ904とコードネームで呼ばれることが多いポルシェ・カレラGTSは団塊の世代の車好きならみな知っている第二回日本グランプリで優勝した式場壮吉の操縦したポルシェ904そのものであった。

DSC_0407B.jpg
DSC_0415A_20160824201910a37.jpg


スポンサーサイト
  1. 2016/08/24(水) 20:09:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

AUTOMOBILE COUNCIL 2016 (6)

AUTOMOBILE COUNCILで見つけた私の好きな車、金力と体力があるなら購入を検討する可能性が高い車たちを紹介させていただく。

名車トヨタ2000GT. 近年その価格は半端ではない価格になって絶対手が届かない車になってしまった。ちなみにこの車についていたプライスタグは1億円。
DSC_0518A_20160821102934588.jpg
DSC_0515A_20160821102933411.jpg

マツダコスモ 登場した時は宇宙船のような車と揶揄されたマツダ初のロタリーエンジン搭載車。
DSC_0536A_201608211029367d8.jpg
DSC_0539A_201608211029362ca.jpg

マツダ・ルーチェロータリークーペ。 歴史上でも最も美しいクーペの一つと私が位置づけているのがこの車。
DSC_0545A.jpgDSC_0547A_201608211037538b7.jpg
" />

VOLVO P1800 この車にも上記と同じ言葉「歴史上でも最も美しいクーペの一つと私が位置づけているのがこの車。」が贈られる。
DSC_0651A.jpg
DSC_0652A_2016082110375834c.jpg

コルチナロータス。 元祖「羊の皮を被った狼」
DSC_0584A.jpg
DSC_0582A.jpg

初代レンジローバー。  私が初めての欧州出張時にドイツの街角で見つけて以来憧れの車となっている。
DSC_0742A_20160821105112562.jpg
DSC_0739A.jpg
DSC_0738A_2016082110510913c.jpg

ランチア・フルビアクーペ。 維持費と体力の問題で購入を躊躇しているのがこの車。
DSC_0769A.jpg
DSC_0766A_20160821105113b1e.jpg
DSC_0767A_2016082110550806a.jpg

  1. 2016/08/21(日) 10:26:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

AUTOMOBILE COUNCIL 2016 (5)

第9回全日本自動車ショーに出品されたものの市販化されなかったHONDA S360が復刻されて展示されていた。思い切ってこのまま市販化してはいかがだろうか?

DSC_0429A.jpg
DSC_0428A_2016081810064347d.jpg
DSC_0433A.jpg
DSC_0426A.jpg

  1. 2016/08/18(木) 10:03:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

AUTOMOBILE COUNCIL 2016 (4)

珍しいロータス・エランを見かけたのでご紹介します。

世界に2台しかないロータス・エランS4エステート
DSC_0522A.jpg
DSC_0526A.jpg
DSC_0523A.jpg

これも希少車なロータス・エラン、ロータス・エラン2+2プロトタイプ
DSC_0510A_20160817222124452.jpg
DSC_0513A_20160817222126f46.jpg
DSC_0509A_20160817222122929.jpg
DSC_0530A_20160817222129e7d.jpg

どちらも2000万のプライスタグが付いていたが、もし買う金があったとしても最初は普通のロータスエランを選ぶと思う。

  1. 2016/08/17(水) 21:52:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

AUTOMOBILE COUNCIL 2016 (3)

「Wakui Museum」のコレクションの中からベントレーのコレクションを紹介する。

スイスの工房で4台のみが造られたベントレー。 Bentley R-Type Drop Head Coupe by Graber
DSC_0463A.jpg

現存する世界最古のフルオリジナル・ベントレー Bentley 3 Litre Tourer by Gairn
DSC_0465A.jpg

1928年のル・マン24時間を制覇したベントレー。 Bentley 4,1/2 Litre "Old Mother Gun"
DSC_0474A_20160815105909408.jpg
DSC_0471A.jpg
DSC_0484A_2016081510591014b.jpg

  1. 2016/08/15(月) 11:09:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

AUTOMOBIL COUNCIL 2016 (2)

AUTOMOBIL COUNCIL 2016の中でも私の目を引いた一つは「Wakui Museum」の展示だった。 一度は訪問するつもりで果たせずにいたのだが、思わぬ形でコレクションの一部を見ることができたのは幸いだった。
特に感激したのは私の尊敬する白洲次郎氏が英国ケンブリッジ大学留学時代に愛用した1924年型ベントレー3リッター・スピードモデルの実車に初めて会えたことでした。

DSC_0479A.jpg

DSC_0478A_20160815102709bcc.jpg

DSC_0483A_2016081510271229d.jpg

  1. 2016/08/15(月) 10:22:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

昭和鉄道写真館(10) 都電8系統 恵比寿駅前ー中目黒間

都電8系統は中目黒と築地を結ぶ路線で、その内の中目黒と天現寺橋との区間は玉川電気鉄道によって開設された路線であったが昭和23年(1948年)に東京都に譲渡されて都電の路線に編入されている。(東京市への運行委託はそれより早く昭和13年から行われていた) 8系統の運行担当営業所は「広尾営業所」で天現寺橋電停の前に位置していた。 広尾営業所の主力車両は1200形で、写っている写真からもそれは見てとれる。8系統は昭和42年12月9日(1967年)に廃止になっているが、筆者の撮影は廃止の年(1967年)の6月である。

恵比寿駅前にて1200形(1213号)。今の恵比寿駅西口の変わり様からは想像できない昭和42年(1967年)の昭和の恵比寿駅が写真に写しだされている。
007.jpg
008.jpg

下通五丁目電停付近を走る築地行き2000形。 狭軌(1067mm)の杉並線に居た2000形は改軌(1372mm)して広尾車庫と三田車庫に転属した。
0010.jpg

下通五丁目電停付近を走る中目黒行き1200形
011.jpg

012.jpg

旧山手通りとの交差点を走る1200形の中目黒行き1251号(左)と築地行き1213号(右)。
013.jpg

中目黒を出て下通五丁目へ向かう築地行き1200形(1250号)
016.jpg

中目黒電停で折り返しを待つ1200形。手前の橋は目黒川に架かる皀樹橋。
019.jpg

中目黒電停の後ろに明治通りとの交差点が見える。
020.jpg

中目黒電停を明治通り側から見る。
022.jpg

  1. 2016/08/14(日) 21:52:46|
  2. 昭和鉄道写真館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

AUTOMOBILE COUNCIL 2016

41年の歴史を持つフランスの「SALON RETRO MOBILE」に触発されて、そのショーの日本版とも言える「第一回AUTOMOBILE COUNCIL」が幕張メッセで開催された。フランスと同じ手法で、会場の出品者は車メーカー、へりテージ販売店、GOODS販売店、オーナーズクラブ等で構成されていた。日本車メーカーはマツダ・トヨタ・日産・ホンダ・富士重工の5社、輸入車メーカーはFCAジャパン・マクラーレンオートモーティブ・メルセデスベンツ日本・ボルボカージャパンの4社。

日産のブースにはレーシングマシンをスキームにした車両展示で、1964年の第二回日本グランプリで砂子義一選手が乗ってポルシェカレラGTSに次いで2位でゴールインしたスカイラインGT(S54A-Ⅰ型)が展示されていた。エンジンはグロリアに搭載されていた6気筒SOHCに3連のウェーバーキャブを装備していた。1965年にはこのエンジンを搭載してスカイラインGTB(S54B-Ⅱ型)とシングルキャブのスカイラインGTA(S54A-Ⅱ型)が市販されている。
DSC_0642A_20160811230827848.jpg
DSC_0644A.jpg

そして第二回日本グランプリでの雪辱を果たすべく開発されたレーシング仕様のプリンスR380(R380A-Ⅰ型)が1966年の第三回日本グランプリにおいて見事ポルシェ910を押さえてワンツーフィニシュを果たしている。その時に1位でゴールしたマシンが展示されていた。このマシンには新開発のプリンスのDOHCエンジン(GR8型)が使用されており、後にこのエンジンをディチューンしたS20型エンジンを搭載したスカイラインGT-Rが市販されている。
DSC_0638A_20160811230826309.jpg
DSC_0645A_20160811230830b21.jpg

そして1966年にプリンス自動車が日産に吸収合併して誕生したスカイライン(C10型)にモンスターマシン・スカイラインGT-Rが誕生して、レースでの常勝マシンとなりスカイラインの人気を不動のものとした。
DSC_0633A.jpg
DSC_0647A_20160811233253ba3.jpg

そしてスカイラインとは切り離されて独立した車種になってしまったニッサンGT-R.
DSC_0646A.jpg

  1. 2016/08/11(木) 23:37:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

昭和鉄道写真館(9) 都電21系統 秋葉原駅東口

当時都電の専用線を求めて撮影していた私は昭和40年3月に秋葉原駅東口で21系統の3000形の走行写真を撮影していた。厳密にはここは専用線とは言えないが、ご覧のようにセンターリザーブド(Center reserved)になっていて都電敷地内には自動車は横断以外の目的では入って来れない。 この昭和通り、現在では首都高速1号線の高架が通っていて狭苦しく見えるが、当時は首都高速道路は無かったので広々とした通りに見える、と言うよりも本当に広かったので道路中央部を都電専用に当てても左右に自動車用に十分なスペースが確保できていたのである。 21系統は千住四丁目と水天宮を結ぶ路線で三ノ輪車庫の車両が使用されていた。当時の三ノ輪車庫の主力車両は3000形だったので、この時の撮影でも写っていたのはすべて3000形だった。

秋葉原駅東口から千住四丁目方面を見た写真。 都電の背後に横断するトラックが写っている。走る自動車を見ると昭和40年代であることが良くわかる。
#55都立大・中目黒026A

奥の都電は秋葉原駅東口の電停に停車中。背後の高架橋は総武線。
#55都立大・中目黒029A


  1. 2016/08/04(木) 06:32:38|
  2. 昭和鉄道写真館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

nighttrain999

Author:nighttrain999
目黒区の都立大学で産湯を使い、長じて多摩ニュータウンに移り住んでン十年の”おじさん”です。サラリーマン渡世を無事に勤め上げて第二の人生を謳歌しております。
多彩な趣味のお陰で時間が足りなくて、とても仕事をしている暇がないという次第。
興味のあるものは: 鉄道・車・オーディオ・カメラ・地図・文学・歴史・音楽(特にJAZZ)・英国

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
英国 (1)
鉄道 (374)
車 (56)
春 (19)
文学 (12)
時事問題 (10)
季節 (50)
旅 (10)
歴史 (36)
新宿御苑 (20)
音楽 (69)
写真・カメラ (29)
10年前の鉄道風景 (7)
総天然色の鉄道風景 (14)
昭和の鉄道世界 (30)
食事 (28)
侏儒の薀蓄学 (4)
私の本棚から (9)
昭和鉄道写真館 (14)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR