ナイトトレインの平成・徒然草 ~心にうつるよしなしごとを書き連ねて~

《鉄道》《車》《音楽》《文学》等にまつわるよしなしごとを、つれづれなるままに書き連ねてまいります。  

西武・電車フェスタ2017 in 武蔵丘車両検修場

「西武・電車フェスタ2017 in 武蔵丘車両検修場」が去る6月3日(土曜)に開催されたので、そのレポートをお送りする。 この手のイベントの際には会場への直通臨時電車を運転することが多いのだが、今回のイベントでは3本(池袋→武蔵丘車両検修場快速急行/元町中華街→武蔵丘車両検修場Fトレイン快速急行/所沢→武蔵丘車両検修場快速急行)の臨時電車が運転されている。それぞれ定期運転時の終点から先の武蔵丘までの区間が臨時運転となる。今までのこの手の臨時列車に乗って会場入りをした体験のなかった筆者は、初体験として元町中華街発のFトレイン快速急行飯能行き(定期運行時は小手指行き)で会場入りすることにした。

武蔵野線の新秋津駅で西武池袋線に乗り換えるべく下車したのだが、直前にJRの事業用車両が止まっているのが見えたので、乗り換えの途中でそれを撮影した。

救援車 クモヤ145-118(八王子総合訓練センター所属) 改造の種車は101系
DSC_3568A.jpg

西武池袋線の秋津駅からは5107レ(各駅停車飯能行き)で小手指まで行き、そこで追い抜かれる4401レ(元町中華街発のFトレイン快速急行)に乗り換え乗車することになっている。

秋津駅に進入してくる各駅停車飯能行きはスマイルトレインだった。
DSC_3569A.jpg

小手指駅に進入してくるFトレイン快速急行飯能行き。通常は小手指止まりだがこの日だけは飯能行きの上、飯能からは臨時武蔵丘行きとなって4西武・電車フェスタの会場まで直行する。
DSC_3582A.jpg
飯能駅から行先表示が変わり「臨時・武蔵丘ゆき」になった。通常は見れない貴重な行先表示に筆者の鼓動も高鳴る。
DSC_3599A.jpg
停車中の飯能駅にはクラシックレッドアローが入線してきてすでに電車フェスタが始まったかのような車内の雰囲気。
DSC_3591A.jpg
DSC_3594A.jpg

飯能駅を出発した会場行き直通電車は武蔵丘信号場でしばし停車した。平日は西武秩父ー飯能間専用となっている4000系が留置線にいるのが見えた。
DSC_3602A.jpg

普段見ることができない光景が展開される。電車の車庫を眺めながらの移動には興奮させられた
DSC_3607A.jpg

武蔵丘車両検修場に到着した直通電車。 「臨時14M」の表示が貴重。
DSC_3610A.jpg
DSC_3612A.jpg

モーターカーの試乗体験ができるようだ。
DSC_3613A.jpg

マルチタイタンパーは車両検修場内に展示されている。
DSC_3618A.jpg

DSC_3647A.jpg

今は亡きかつての西武の人気者が記念撮影用のモックアップになっていた。
DSC_3625A.jpg
DSC_3627A.jpg

「ミニSL運転」はライブスティームではなく動力は電動のSLだった。
DSC_3633A.jpg
DSC_3637A.jpg

この手のイベントでは恒例となっている鉄道会社各社による物販コーナー。 筆者は伊豆急の物販コーナーに立ち寄り「100系電車型目覚まし時計」を購入した。
DSC_3654A.jpg

西武観光バスの展示は、車椅子対応の観光バスだった。 (日野セレガ・リフト付き仕様)
DSC_3641A.jpg
DSC_3640A_20170625233702274.jpg

帰りは高麗駅まで徒歩だったが、途中で飯能発高麗行きの臨時列車を見かけた。
DSC_3657A_201706252230315eb.jpg
高麗駅に先ほどの臨時電車が止まっている。
DSC_3659A_201706252230337c8.jpg
臨時電車は既に回送の表示になっていて、この撮影後ほどなくして飯能方面に出て行った。
DSC_3660A.jpg
回送が出た後に西武秩父行きの電車が入ってきた。
DSC_3663A.jpg
西武秩父行きと交換する上り飯能行きが入線して来た。
DSC_3668A.jpg


スポンサーサイト
  1. 2017/06/23(金) 10:26:24|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

多摩都市モノレールのイベント列車「昭和歌謡列車」

モノレール車内で昭和の歌謡曲を歌って青春時代に戻ろうという企画で、多摩都市モノレールがイベント列車「みんなで歌おう~昭和歌謡列車」を6月3日(土曜)に運行した。昼の部と夜の部の2便が運行され、私はその内の昼の部に参加して来た。
二人合わせて112歳という女性ユニット「myunとyayo~」が同乗して歌声をリードし、折り返しの多摩センター駅では「myunとyayo~」のミニコンサートも行われた。

イベント用に充てられた05F編成(右の車両)が運営基地から上北台駅へ送り込まれてくるところ。
DSC_3733A.jpg

HMは付けられてなかったが、行先表示器が昭和歌謡列車仕様になっていた
DSC_3759A.jpg
DSC_3763A_20170612100657506.jpg

車内では多摩都市モノレールの制服姿のmyunさんが歌声をリードしていた。
DSC_3742A.jpg

車内の中吊り広告は報知新聞の昭和のトピックス記事で飾られ、我々を昭和にいざなってくれた。
DSC_3745A.jpg
DSC_3749A.jpg

ミニコンサートでは紙テープが飛び交い、まさに昭和にタイムスリップしたイベントであった。
DSC_3876A.jpg
DSC_3849A.jpg
DSC_3825A.jpg


  1. 2017/06/12(月) 10:19:37|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真岡鐡道訪問記 その2


左からモオカ14形の前期形モオカ14-1(富士重工業製)、後期形のモオカ14-9(日車製)とモオカ14-8(日車製)
DSC_0573A_20170611111837cda.jpg
DSC_0600A_20170611111839cfd.jpg
DSC_0601A.jpg
DSC_0609A_20170611111841aaa.jpg
真岡駅に停車中のSLの周りには沢山の人が群がるおなじみの光景が見られた。
DSC_0615A.jpg

下館駅に進入する「SLもうか」 側線には帰路の列車を牽引するDE101535が待機している。
DSC_0648A_2017061111541510c.jpg
DSC_0658A_2017061111541771a.jpg
DSC_0663A_20170611115419d8b.jpg
折り返して真岡行きのDL牽引列車6103レとなる。
DSC_0666A_20170611115420a15.jpg

DSC_0674A.jpg
DSC_0677A_20170611120505b4e.jpg
DSC_0682A.jpg

前日(2月25日)から運転に就いていた関東鉄道キハ5011(5010形)が運よくホームに入っていた。 「TYPE5010 DEBUT」のヘッドマーク(HM)が付けられて運行していた。
DSC_0653A_201706111154172f3.jpg


  1. 2017/06/11(日) 11:26:54|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

nighttrain999

Author:nighttrain999
目黒区の都立大学で産湯を使い、長じて多摩ニュータウンに移り住んでン十年の”おじさん”です。サラリーマン渡世を無事に勤め上げて第二の人生を謳歌しております。
多彩な趣味のお陰で時間が足りなくて、とても仕事をしている暇がないという次第。
興味のあるものは: 鉄道・車・オーディオ・カメラ・地図・文学・歴史・音楽(特にJAZZ)・英国

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
英国 (1)
鉄道 (372)
車 (54)
春 (19)
文学 (12)
時事問題 (10)
季節 (50)
旅 (10)
歴史 (36)
新宿御苑 (20)
音楽 (69)
写真・カメラ (29)
10年前の鉄道風景 (7)
総天然色の鉄道風景 (14)
昭和の鉄道世界 (30)
食事 (28)
侏儒の薀蓄学 (4)
私の本棚から (9)
昭和鉄道写真館 (11)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR