FC2ブログ

ナイトトレインの平成・徒然草 ~心にうつるよしなしごとを書き連ねて~

《鉄道》《車》《音楽》《文学》等にまつわるよしなしごとを、つれづれなるままに書き連ねてまいります。 このBLOGに掲載された写真などを他のMediaなどに掲載される際の問い合わせ先はn.sugii@nifty.comです。 

伊豆に昔の恋人(伊豆急100系)を訪ねて 第二弾 (その2)

心配していた雨は「水族館でんしゃのたび号」が伊豆急下田に戻ってくる頃からポツポツと降り始めて、時には雨脚が強まり傘をさしての撮影にも支障が出るようなj状況で、くじけそうになったが100系への愛情がそれをとどまらせてくれた。

これまた引退が発表されている251系を使用した上り「スーパービュー踊り子8号」
DSC_1479A「SVO8号」

ふりしきる雨の中伊豆急下田へ戻ってきた「100系貸切」
DSC_1512A_20180520171043079.jpg
DSC_1515A_20180520171044ca5.jpg
DSC_1518A.jpg
DSC_1519A_201805201710463e9.jpg
1往復目の戻りは3番線ホーム。
DSC_1520A_20180520233610431.jpg

日曜日なので臨時の「踊り子132号」我孫子行きが(OM09編成)設定されていた。
DSC_1534A「踊り子132号」
DSC_1484A.jpg

8000系 下り5645M(TA8編成)
DSC_1539A_20180520233613b2a.jpg

伊豆急下田駅で並ぶ5656M(2100系R3編成)と5660M(8000系TA8編成)
DSC_1547A.jpg

185系A1編成を使用した下り「踊り子115号」
DSC_1557A「踊り子115号」

「100系貸切」2往復目の戻り
DSC_1567A_20180520235554036.jpg
DSC_1570A.jpg
戻りは出発時と同じ5番線(留置線)。 下車して貸切パーティの方々は記念撮影。
DSC_1583A.jpg

保安装置の関係で最終電車の営業運転終了後に伊豆高原へ回送されるまではこの留置線で休眠。
DSC_1598A_20180521000506c5b.jpg

帰宅には試乗を兼ねて「伊豆クレイル」を利用した。「100系貸切」の最終の伊豆急下田帰着時間が15:03で「伊豆クレイル2号」の発車時間が15;20と丁度利用しやすい時間であることも「伊豆クレイル」を選んだ理由になっている。

1番線に入線して発車準備中の「伊豆クレイル2号」
DSC_1575A_20180520235557cdf.jpg
DSC_1581A.jpg
いずれ見れなくなる車種の並びの図、左からクモハ103(100系)・SVO(251系)・8000系・伊豆クレイル(651系)
DSC_1605A_2018052100050856b.jpg
私の席がある先頭車4号車。この入り口だけアテンダントのお迎えが無かった。
DSC_1613A_20180521000509c20.jpg
4号車の席のみ切符で販売される。1号車と3号車の座席は旅行商品として販売されるので当日の利用は不可。
DSC_1618A.jpg

3号車のコンパ―メント席
DSC_1615A_20180521000510dd8.jpg
DSC_1616A_20180521000512c74.jpg
途中駅でJR東との競合となる伊豆急の「The Royal Express」と交換となった。 うーん、いつの日かこちらにも乗りたい。
DSC_1620A.jpg

片瀬白田のビューポイントでは一旦停車が行われて、写真撮影タイムが設けられている。この日は残念ながら雨模様で今一の景色であった。
DSC_1331A_201805220830354ba.jpg

2号車のバーカウンター&ラウンジでは4時ころからミニライブが行われる。日によって異なるアーティストさんが参加していて、この日はアコースティックユニット「Herb&Salt」さんの演奏が楽しめた。
DSC_1632A.jpg
伊東駅では12分くらいの停車時間があり下車して駅係員による先頭号車での記念撮影が楽しめる。
DSC_1640A_20180522075504aa5.jpg
DSC_1641A_20180522075505044.jpg
伊東駅の駅名板も伊豆クレール仕様。
DSC_1644A.jpg

スポンサーサイト
  1. 2018/05/21(月) 00:12:26|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊豆に昔の恋人(伊豆急100系)を訪ねて 第二弾

2012年1月「伊豆に昔の恋人を訪ねて」と称して伊豆急の100系の撮影記を投稿させていただいたが、その第二弾である。 虫の知らせか、復活した伊豆急の100系(クモハ103)がそろそろ引退となるとの噂に誘われて5月13日(日曜)に撮影に行って来た。伊豆急では保安装置の改良が進み、伊東ー大川トンネル(伊豆大川―伊豆北川間)までがATS-PNになり、残りの伊豆急下田までの区間が今までのATS-Si(JRのATS-SNと互換がある)となっており、ATS-Siにしか対応できてないないクモハ103は伊豆急下田までATS-PNが進むと本線走行が難しくなるので、今のうちに撮影しておかないと今後は走行予定が無いことを鑑みると今回しか撮影のチャンスはないかもとの衝動に駆られて急遽撮影に行くことにした。
「水族館でんしゃのたび」(伊豆急下田ー片瀬白田」と「貸切100系2往復」(伊豆急下田ー蓮台寺)で4月22日・5月13日・6月10日に都合3往復の100系電車撮影のチャンスがあることを知り、今回は伊豆急下田で撮影と決め、天候の心配をしながら小田原駅に降り立った、引退の決まっている185系使用の「踊り子105号」だと伊豆急下田着が11:46で「水族館でんしゃのたび」の出発時刻11:47に待ちあう。 乗り換え時間の関係から特急券を購入しないまま「踊り子105号」に乗車、出発まもなく車掌が回ってきたので下田までの特急券を購入した。日曜日の朝の下りなのに車内はガラガラ、乗車率は30-40%くらいだろうか、15両編成はあきらかに過剰な車両数であることがみてとれる。
もしかして、私の185系初体験かもしれないと感じたのは窓が開く特急車両であることを発見してびっくりしたからで、デラックス準急「日光・なすの」用に作られた157系が特急用に昇格して以来の出来事である。

「踊り子105号」室内
DSC_1305A.jpg
DSC_1308A_20180520120459684.jpg
窓が開くので、特急でありながらもこのような撮影が可能。
DSC_1311A_20180520120503b0b.jpg
伊豆高原駅でリゾート21の黒船仕様(R4)とロイヤルエキスプス仕様(R5)が留置線にいた。
DSC_1322A_2018052012201090d.jpg
DSC_1327A.jpg

伊豆急下田では到着するとすぐに「水族館でんしゃたび」が片瀬白田に向けて出発したので、まともな写真は撮れなかった。
DSC_1339A_20180520122015995.jpg

さっき乗ってきた185系A8編成が上り「踊り子106号」として出発。
DSC_1355A_20180520122016a70.jpg

下り「踊り子107号」
DSC_1367A_201805201220174b7.jpg
下り5641M (TB1編成)
DSC_1382A.jpg

下り「100系水族館でんしゃのたび」(クモハ103)
DSC_1386A_20180520162707ff1.jpg
DSC_1389A.jpg
DSC_1392A_20180520162709dbc.jpg
1番線から出発して3番線に帰着した100系(クモハ103)「水族館でんしゃのたび号」
DSC_1403A_20180520162710cf5.jpg
この後は貸切列車として出発する留置線(5番線)へと転線して行く1000系
DSC_1405A.jpg
DSC_1410A.jpg
リゾート21(R3編成)の下り5643M
DSC_1432A「5643M」

貸切100系1往復目が5番線から発車
DSC_1443A.jpg
DSC_1449A.jpg
DSC_1454A.jpg
DSC_1457A_2018052016534120f.jpg
伊豆クレイル1号
DSC_1460A.jpg
DSC_1462A.jpg

100系貸切1往復目の戻り
DSC_1512A_20180520171043079.jpg
DSC_1515A_20180520171044ca5.jpg
DSC_1518A.jpg
DSC_1519A_201805201710463e9.jpg

  1. 2018/05/20(日) 12:28:22|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

nighttrain999

Author:nighttrain999
目黒区の都立大学で産湯を使い、長じて多摩ニュータウンに移り住んでン十年の”おじさん”です。サラリーマン渡世を無事に勤め上げて第二の人生を謳歌しております。
多彩な趣味のお陰で時間が足りなくて、とても仕事をしている暇がないという次第。
興味のあるものは: 鉄道・車・オーディオ・カメラ・地図・文学・歴史・音楽(特にJAZZ)・英国

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
英国 (1)
鉄道 (374)
車 (56)
春 (19)
文学 (12)
時事問題 (10)
季節 (50)
旅 (10)
歴史 (36)
新宿御苑 (20)
音楽 (69)
写真・カメラ (29)
10年前の鉄道風景 (7)
総天然色の鉄道風景 (14)
昭和の鉄道世界 (30)
食事 (28)
侏儒の薀蓄学 (4)
私の本棚から (9)
昭和鉄道写真館 (14)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR