FC2ブログ

ナイトトレインの平成・徒然草 ~心にうつるよしなしごとを書き連ねて~

《鉄道》《車》《音楽》《文学》等にまつわるよしなしごとを、つれづれなるままに書き連ねてまいります。 このBLOGに掲載された写真などを他のMediaなどに掲載される際の問い合わせ先はn.sugii@nifty.comです。 

総天然色の鉄道風景(その10) 急行「ニセコ」

「総天然色の鉄道風景」の記念すべき10回目には1970年8月に小樽~塩谷間で撮影したC62重連が牽引する急行「ニセコ」をご紹介する。列車が峠を越える際に補助の機関車を連結してその力を借りて峠越えを果たすことがよくあるが、その際に補助の機関車を列車の後ろに付けるのが後補機、前に付けるのが前補機で、前補機1台付けると重連、2台付けると3重連になる。ファンの間で伝説になっているのが、東北本線「奥中山」の三重連・花輪線「竜ヶ森」ハチロク三重連・伯備線「布原」D51三重連であるが、重連でも三重連に負けない迫力でファンの間の伝説になっているのが、この函館本線(通称山線)のC62重連である。
ジェット機のような音とファンに形容されるC62重連の音はその現場に立ち会ったもののみが知る至高の世界である。レコードに映像にその活躍する姿は沢山残されているが、実際の姿と音はリアルタイムで感じたものとは異なる。その貴重な体験をさせてもらったことは私にとっては大切な宝となっている。今でもこの写真を目にすると当時のジェット機のような音がだんだんと近付いてきた時の情景が昨日のことのように鮮明に浮かびあがってくる。昭和32年までに北海道に揃ったC62の7両は急行「あかしあ」・「大雪」・「まりも」の牽引にあたったが、「あかしあ」と「大雪」はほどなく気動車化されて「まりも」のみが客車列車として残りC62重連で活躍した。その後列車名は「まりも」→「ていね」→「ニセコ」と変遷している。

1970北海道 007A
重連となるのは長万部~小樽で蕨岱付近の15パーミル、上目名付近の20パーミル、倶知安付近の20パーミル、銀山付近の20パーミル、小樽・塩谷間の20パーミルといくつかの峠越えがあり、この写真はその峠越えの一つ小樽ー塩谷間で撮影したものである。前補機はファンに人気のスワーローエンジェルことC622.

スポンサーサイト



  1. 2012/09/27(木) 10:13:36|
  2. 総天然色の鉄道風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<友香ライブ YUKA LIVE at Shibuya SONGLINES | ホーム | 総天然色の鉄道風景(その9) 大夕張鉄道>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nighttrain999.blog39.fc2.com/tb.php/324-6ede1a0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

nighttrain999

Author:nighttrain999
目黒区の都立大学で産湯を使い、長じて多摩ニュータウンに移り住んでン十年の”おじさん”です。サラリーマン渡世を無事に勤め上げて第二の人生を謳歌しております。
多彩な趣味のお陰で時間が足りなくて、とても仕事をしている暇がないという次第。
興味のあるものは: 鉄道・車・オーディオ・カメラ・地図・文学・歴史・音楽(特にJAZZ)・英国
画像使用の問い合わせ先:n.sugii@nifty.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
英国 (1)
鉄道 (376)
車 (56)
春 (19)
文学 (12)
時事問題 (10)
季節 (50)
旅 (10)
歴史 (36)
新宿御苑 (20)
音楽 (69)
写真・カメラ (29)
10年前の鉄道風景 (7)
総天然色の鉄道風景 (14)
昭和の鉄道世界 (30)
食事 (28)
侏儒の薀蓄学 (5)
私の本棚から (9)
昭和鉄道写真館 (17)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR