FC2ブログ

ナイトトレインの平成・徒然草 ~心にうつるよしなしごとを書き連ねて~

《鉄道》《車》《音楽》《文学》等にまつわるよしなしごとを、つれづれなるままに書き連ねてまいります。 このBLOGに掲載された写真などを他のMediaなどに掲載される際の問い合わせ先はn.sugii@nifty.comです。 

高輪消防署・二本榎出張所

昭和8年12月に落成した高輪消防署(現在は二本榎出張所)は、近代建築の遺産(ドイツ表現主義)として、学術的、文化的にも貴重な建築物で、平成22年3月に「東京都選定歴史的建造物」に選定されています。
昔の消防署は組織上は警察に属していたようで、最初は「内務省警視局消防本署の第二消防署二本榎派出所」として明治41年7月に発足、そして昭和8年現在の庁舎が落成して「高輪消防署」に昇格。そして昭和59年10月に高輪消防署の本署が港区白金2丁目に移転して、ここは二本榎出張所となった。
この出張所は海抜25mの位置にあり、新築当時は周囲に高い建物が無く、東京湾を眼下に眺望できたことから、「岸壁上の灯台」とか「海原を行く軍艦」と評されていたようだ。

3階の円形講堂は公開されていて、1階の受付で見学を申し出ると案内の係員をつけて案内してもらえるようになっています。しかし、6階?の望楼は急な階段を上がって行かなくてはならず、危険なので一般には公開されてない。

DSC_0722A_20130510102713.jpg
DSC_1040A_20130510103030.jpg
円形講堂。8本の梁が中心に集まり、10個の窓部アーチと一体になった独特の意匠。第一大戦後「ドイツ表現派」というデザインで、曲線や局面をモチーフにして力強く流れる躍動感のある設計が特徴。
DSC_1037A.jpg
DSC_1036A_20130510103954.jpg
落成時から設置されていた停電用の照明「アールヌーボー風のガス灯」
DSC_1043A.jpg
船の明かりとり窓のような形をした窓、これもドイツ表現主義なのだろうか。
DSC_1046A.jpg
2階から見た階段、左の階段は3階の円形講堂へ昇る階段で、右の階段は1階の受付ロービーへ降りる階段。
スポンサーサイト



  1. 2013/05/10(金) 10:37:54|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄道標識 『勾配標』 | ホーム | <昭和の鉄道世界 その18> 1965年の東京モノレール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nighttrain999.blog39.fc2.com/tb.php/436-1fe54df4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

nighttrain999

Author:nighttrain999
目黒区の都立大学で産湯を使い、長じて多摩ニュータウンに移り住んでン十年の”おじさん”です。サラリーマン渡世を無事に勤め上げて第二の人生を謳歌しております。
多彩な趣味のお陰で時間が足りなくて、とても仕事をしている暇がないという次第。
興味のあるものは: 鉄道・車・オーディオ・カメラ・地図・文学・歴史・音楽(特にJAZZ)・英国
画像使用の問い合わせ先:n.sugii@nifty.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
英国 (1)
鉄道 (376)
車 (56)
春 (19)
文学 (12)
時事問題 (10)
季節 (50)
旅 (10)
歴史 (36)
新宿御苑 (20)
音楽 (69)
写真・カメラ (29)
10年前の鉄道風景 (7)
総天然色の鉄道風景 (14)
昭和の鉄道世界 (30)
食事 (28)
侏儒の薀蓄学 (5)
私の本棚から (9)
昭和鉄道写真館 (17)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR