FC2ブログ

ナイトトレインの平成・徒然草 ~心にうつるよしなしごとを書き連ねて~

《鉄道》《車》《音楽》《文学》等にまつわるよしなしごとを、つれづれなるままに書き連ねてまいります。 このBLOGに掲載された写真などを他のMediaなどに掲載される際の問い合わせ先はn.sugii@nifty.comです。 

関宿滑空場 (その2)

河川敷滑走路の横で組み立てられたグライダーは車や4輪バイクに牽引されて滑走路の出発場所まで行き、そこからは小型飛行機にけん引されて大空に向かって羽ばたいていくのである。牽引のロープをいつ外すのか尋ねたらグライダーのパイロットの判断で外すのだそうで、下から見上げているとかなり高度が上がってロープが見えないほど上空で外しているようであった。目の良い人は「あツ、今ロープを切り離した!」と教えてくれるのだが、眼鏡をしても視力が補正しきれてない私には全くその瞬間がキャッチできないのだった。ここで飛ぶグライダーは航空管制官の許可を得る必要はないとのことで、いつでも自分のタイミングで離着陸をしていた。ここの上空は商業飛行機や自衛隊機も飛ぶエリアだとのことだが、グライダーは5000フィート以下の空を商業飛行機や自衛隊機は5000フィート以上を飛ぶことで棲み分けがなされていて、普段は問題がないそうだが、たまにそれらの飛行機が4000フィートあたりまで降下して飛ぶこともあるので注意はしながら飛んでいるとのことだった。飛行時は無線ラジオを必ず携帯しているそうで、それで航空管制官とパイロットのやり取りも聞いているようでした。昼食時に航空管制官とのやり取りを聞かせてもらったが非常に鮮明に聞こえて、まるで今自分が飛行機に乗っているかのような気分になっていた。
DSC_0298A.jpg
三菱のパジェロにひかれて滑走路の出発点に行くホンダのグライダー
DSC_0408A_201405191025142bb.jpg
DSC_0275A_20140519103904b2a.jpg
DSC_0294A_20140519103906e77.jpg
ホンダの4輪バイクに曳かれるホンダのグライダー
DSC_0309A_20140519103907685.jpg
DSC_0334A_20140519103908ac1.jpg
牽引されて滑走路から少し浮き上がった状態のグライダーと牽引機
DSC_0417A_2014051910461560d.jpg
牽引ワイヤーが鼻先から右下に向かっているのが見えるグライダー
DSC_0418A.jpg
まだ2機は牽引ワイヤーで繋がっている。

スポンサーサイト



  1. 2014/05/19(月) 10:28:55|
  2. 写真・カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<横浜線のE233系6000番代 | ホーム | 関宿(せきやど)滑空場>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nighttrain999.blog39.fc2.com/tb.php/566-eacf94c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

nighttrain999

Author:nighttrain999
目黒区の都立大学で産湯を使い、長じて多摩ニュータウンに移り住んでン十年の”おじさん”です。サラリーマン渡世を無事に勤め上げて第二の人生を謳歌しております。
多彩な趣味のお陰で時間が足りなくて、とても仕事をしている暇がないという次第。
興味のあるものは: 鉄道・車・オーディオ・カメラ・地図・文学・歴史・音楽(特にJAZZ)・英国
画像使用の問い合わせ先:n.sugii@nifty.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
英国 (1)
鉄道 (376)
車 (56)
春 (19)
文学 (12)
時事問題 (10)
季節 (50)
旅 (10)
歴史 (36)
新宿御苑 (20)
音楽 (69)
写真・カメラ (29)
10年前の鉄道風景 (7)
総天然色の鉄道風景 (14)
昭和の鉄道世界 (30)
食事 (28)
侏儒の薀蓄学 (5)
私の本棚から (9)
昭和鉄道写真館 (17)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR