FC2ブログ

ナイトトレインの平成・徒然草 ~心にうつるよしなしごとを書き連ねて~

《鉄道》《車》《音楽》《文学》等にまつわるよしなしごとを、つれづれなるままに書き連ねてまいります。 このBLOGに掲載された写真などを他のMediaなどに掲載される際の問い合わせ先はn.sugii@nifty.comです。 

「ソロモン流」 84歳奇跡のピアニスト 秋吉敏子

TBSの番組「ソロモン流」はジャズピアニストの秋吉敏子を取り上げた番組だった。84歳と言う高齢にもかかわらず現役のJAZZプレイヤーとして演奏活動を続けている秋吉敏子は、アメリカで最も成功した日本人JazzPlayerとして知られている。 私はこの番組を見て「秋吉敏子の人生哲学」に大いにInspireされた。

現役で演奏を続けているのだが、その一端が紹介されていた。2週間後の公演を控えて秋吉敏子はニューヨークの自宅から車で30分ぐらいのところにある緑豊かな仕事場(別荘)で演奏会で取り上げるオペラをピアノで弾くための曲作りを始める。
彼女が挑戦するのはアメリカの代表的オペラである「ポギーとベス」、その中で歌われるサマータイムは数多くのミュージッシャンがカバーしており、JAZZではマイルス・デイビスのカバーが有名である。
しかし、彼女はマイルス・デイビスのコピーをすることを潔しとはしないので、こう言うのである「これをそのまま演奏するのでは意味はないわけですよ、それじゃ他の人がやればいいんで・・・・」「他の人がやれないことを私がやらなければいけない」「それで、初めて私がジャズピアニストとして演奏する意味が出てくる」
そこで彼女はリズムとかキーを変えて、ゴスペル風のアレンジにする。そして言う「素晴らしいかどうかわからないけど、私の作品だということは間違いない」

そして、「神が降りてくることも?」という質問には、こう返事している。「ミュージシャンだったら皆わかるが、そういう努力をするのが当たり前。努力しない人は普通のミュージシャンで終わってしまう。」

そしてニューヨークでの演奏会は成功裏に終了して、観客は大絶賛のコメントをしていたのだが、演奏後のインタビューで秋吉敏子はこう返事した。「今回の演奏の出来は65点、この次はもっとマシに出来ると思う」

秋吉敏子の人生哲学は、「いつもちゃんと出来ないんですよ」 「You can't win, but you can try (我々は人生の中で勝つことはできない、だけども、努力だけはできる)」 「完璧なミュージシャンにはなれないとおもうけど、少なくともそういう努力だけはする」 
なんと含蓄のある言葉だろうか。わたしも彼女の生き方にInspireされて生きていきたいと思った。





スポンサーサイト



  1. 2014/08/25(月) 10:04:37|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京メトロ・銀座線・1000系ブルーリボン賞 | ホーム | ≪侏儒の薀蓄学≫ 丸形郵便ポスト・郵便差出箱1号>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nighttrain999.blog39.fc2.com/tb.php/593-b8d8a1bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

nighttrain999

Author:nighttrain999
目黒区の都立大学で産湯を使い、長じて多摩ニュータウンに移り住んでン十年の”おじさん”です。サラリーマン渡世を無事に勤め上げて第二の人生を謳歌しております。
多彩な趣味のお陰で時間が足りなくて、とても仕事をしている暇がないという次第。
興味のあるものは: 鉄道・車・オーディオ・カメラ・地図・文学・歴史・音楽(特にJAZZ)・英国
画像使用の問い合わせ先:n.sugii@nifty.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
英国 (1)
鉄道 (376)
車 (56)
春 (19)
文学 (12)
時事問題 (10)
季節 (50)
旅 (10)
歴史 (36)
新宿御苑 (20)
音楽 (69)
写真・カメラ (29)
10年前の鉄道風景 (7)
総天然色の鉄道風景 (14)
昭和の鉄道世界 (30)
食事 (28)
侏儒の薀蓄学 (5)
私の本棚から (9)
昭和鉄道写真館 (17)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR