FC2ブログ

ナイトトレインの平成・徒然草 ~心にうつるよしなしごとを書き連ねて~

《鉄道》《車》《音楽》《文学》等にまつわるよしなしごとを、つれづれなるままに書き連ねてまいります。 このBLOGに掲載された写真などを他のMediaなどに掲載される際の問い合わせ先はn.sugii@nifty.comです。 

甲州猿橋

大学OB会の写真クラブの撮影会で甲州猿橋に行って来た。 
橋のたもとにあるソバ屋「大黒屋」は、元は旅館で往来の旅人はもとより数々の文人・墨客・才人達がこの橋を訪れた際に大黒屋に宿泊して、さまざまな足跡と作品を残していきました。

以下、大黒屋のホームページからの甲州猿橋の解説文を引用致します。

猿橋の歴史は古く、江戸期の甲州街道時代をはるかにさかのぼり、初めて架けられたのは、七世紀(推古天皇の時代)頃ではないかといわれています。渡来した百済の工人が、川岸の梢から猿たちが群れをなして川を渡る姿をヒントに、橋脚を用いず棟木と横桁を何段も重ねて中央で結合するという独自の構造を考案し、この橋を架けたという伝承が語り継がれています。
現在の猿橋は、総工費3億8千万円を費やして昭和59年(1993年)に架け替えられたもので、国の名勝文化財指定の地として、平成の旅人たちを迎えています。

DSC_0985A_201605182316233e1.jpg

DSC_0990A_20160518231625c73.jpg

DSC_0998A_2016051823162650f.jpg

◆◆◆ 松尾芭蕉 ◆◆◆

猿橋や 月松にあり 水にあり
猿橋や 蝿も居直る 笠の上
うき我を 淋しがらせよ かんこ鳥
            松尾芭蕉

俳聖、松尾芭蕉は甲州への旅路で猿橋を吟じた。漂泊の旅を愛し、拝諧を芸術の域に高めた俳聖松尾芭蕉も甲州への道中吟にて、この猿橋を句にしています。

◆◆◆ 野口雨情 ◆◆◆

「甲州さるはし、
お山の猿がお手手つないで、
掛けた橋」

雨情はやさしい眼差しで
この猿橋を眺めた


◆◆◆ 歌川広重 ◆◆◆
広重は、猿橋の景勝を
「甲陽猿橋之図」に残した。


◆◆◆ 国定忠治 ◆◆◆

橋のたもとにある大黒屋は、国定忠治の常宿であった。
『赤城の山も今宵かぎり・・・・』の名台詞で知られる国定忠治。
最後の山発ちをした国定忠治は、中山道から甲州街道へ、そして
ここ猿橋の当時旅館だった大黒屋にしばらく逗留したといいます。
国定忠治とは、渡世人でしたが、自分の資財を投げ打って縄張り
の農民達を飢餓から救った人でもありました。

◆◆◆ 日立製作所創業会談の場 ◆◆◆

明治39年、この大黒屋に、渋沢元治と小平浪平が宿泊。(株)日立製作所の創業の打ち合わせが行なわれました。写真は日立創業80年を記念して、日立工場「特称会」から寄贈された作品。
写真の左側に広重の「甲陽猿橋之図」が見える。

DSC_0010A_20160518232524d0b.jpg

スポンサーサイト



  1. 2016/05/18(水) 23:36:49|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東武鉄道・亀戸線・8000系リバイバルカラー | ホーム | 京王電鉄・総合高速検測車(DAX)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nighttrain999.blog39.fc2.com/tb.php/763-4a1bbb3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

nighttrain999

Author:nighttrain999
目黒区の都立大学で産湯を使い、長じて多摩ニュータウンに移り住んでン十年の”おじさん”です。サラリーマン渡世を無事に勤め上げて第二の人生を謳歌しております。
多彩な趣味のお陰で時間が足りなくて、とても仕事をしている暇がないという次第。
興味のあるものは: 鉄道・車・オーディオ・カメラ・地図・文学・歴史・音楽(特にJAZZ)・英国
画像使用の問い合わせ先:n.sugii@nifty.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
英国 (1)
鉄道 (376)
車 (56)
春 (19)
文学 (12)
時事問題 (10)
季節 (50)
旅 (10)
歴史 (36)
新宿御苑 (20)
音楽 (69)
写真・カメラ (29)
10年前の鉄道風景 (7)
総天然色の鉄道風景 (14)
昭和の鉄道世界 (30)
食事 (28)
侏儒の薀蓄学 (5)
私の本棚から (9)
昭和鉄道写真館 (17)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR