ナイトトレインの平成・徒然草 ~心にうつるよしなしごとを書き連ねて~

《鉄道》《車》《音楽》《文学》等にまつわるよしなしごとを、つれづれなるままに書き連ねてまいります。  

JRで唯一残った石炭輸送列車(5783レ・5764レ)の最終アンカーは秩父鉄道・三ヶ尻線

JRで唯一残った石炭輸送列車(5783レ・5764レ)の最終アンカーは秩父鉄道・三ヶ尻線での701レ・704レ・703レ・706レである。扇町駅を前日の12:05に出発した石炭輸送列車5783レは熊谷貨物ターミナルに22:49に到着してそこで一晩を過ごして、翌日秩父鉄道のELにけん引されて最終目的地三ヶ尻駅に隣接する太平洋セメント熊谷工場を目指す。
ここで注目すべきは、三ヶ尻駅の構内配線の関係で熊谷貨物ターミナル方面からは直接太平洋セメント熊谷工場に入れないために、いったん素通りして武川駅まで行って折り返して太平洋セメント熊谷工場に入るようになっていることである。5783レは所定20両の編成であるが、それが翌朝に分割されて、午前中の701レと午後の703レで10両づつ、三ヶ尻に送り込まれる。
筆者は、秩父鉄道三ヶ尻線の石炭輸送列車703レ(熊谷貨物ターミナル→武川)706レ(武川→三ヶ尻)を武川駅付近で撮影してきたので、その写真を掲載させていただく。

三ヶ尻方面から武川駅へ到着する703レ
DSC_0762A_20161105225128957.jpg

武川駅構内には交換列車となる上り石灰石輸送列車(7204レ)が703レの到着を待っている。
DSC_0764A.jpg

折り返し706レをけん引するために一旦三ヶ尻側に引き上げて来たEL(デキ502)
DSC_0774A_2016110522513077c.jpg

この日は幸せのイエロー色(「わくわく鉄道フェスタ2016」でお披露目された旧秩父鉄道カラー)のデキ502号が石炭輸送列車の牽引機だった。
DSC_0779A.jpg

武川駅で折り返して三ヶ尻へ向かう706レ
DSC_0781A_20161105225133e56.jpg

手前の秩父鉄道本線と並行する三ヶ尻線を行く706レ
DSC_0782A.jpg

スポンサーサイト
  1. 2016/11/05(土) 22:03:54|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秩父鉄道の電気機関車 | ホーム | 武蔵野線を走る車両たち =貨物列車編=>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nighttrain999.blog39.fc2.com/tb.php/805-364dbfaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

nighttrain999

Author:nighttrain999
目黒区の都立大学で産湯を使い、長じて多摩ニュータウンに移り住んでン十年の”おじさん”です。サラリーマン渡世を無事に勤め上げて第二の人生を謳歌しております。
多彩な趣味のお陰で時間が足りなくて、とても仕事をしている暇がないという次第。
興味のあるものは: 鉄道・車・オーディオ・カメラ・地図・文学・歴史・音楽(特にJAZZ)・英国

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
英国 (1)
鉄道 (371)
車 (54)
春 (19)
文学 (12)
時事問題 (10)
季節 (50)
旅 (10)
歴史 (36)
新宿御苑 (20)
音楽 (69)
写真・カメラ (29)
10年前の鉄道風景 (7)
総天然色の鉄道風景 (14)
昭和の鉄道世界 (30)
食事 (28)
侏儒の薀蓄学 (4)
私の本棚から (9)
昭和鉄道写真館 (11)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR