ナイトトレインの平成・徒然草 ~心にうつるよしなしごとを書き連ねて~

《鉄道》《車》《音楽》《文学》等にまつわるよしなしごとを、つれづれなるままに書き連ねてまいります。  

昭和鉄道写真館(11) 鹿島参宮鉄道 キハ42202 

1964年夏、筆者は高校の友人達と日本硫黄・沼尻鉄道を訪れて、東京への帰り道で友人の祖父の家がある鉾田に1泊している。 沼尻鉄道の帰りは郡山から水郡線で水戸に出て、そこからは常磐線で石岡まで行き、鹿島参宮鉄道に乗り換えて鉾田まで行っている。石岡に着いた時にはすでに夕闇が迫るころだった為に鹿島参宮鉄道の写真は石岡でしか撮影出来なかった。
鹿島参宮鉄道は常総筑波鉄道と合併して1965年6月に関東鉄道鉾田線となったが、合理化の為に1979年3月関東鉄道が100%出資する子会社「鹿島鉄道」として発足したが、自衛隊百里基地へのジェット燃料輸送の中止や筑波エキスプレスの開業の影響で2007年3月31日で営業廃止となっている。

石岡駅に到着するキハ42202。 キハ42200形はキハ42201と42202の2両があり、元東京横浜電鉄のキハ2とキハ8で五日市鉄道(現JR五日市線)・南武鉄道(現JR南武線)を経て国鉄買収後の1951年(昭和26年)に鹿島参宮鉄道へ払い下げられた。キハ42201は1967年7月に流線型の両端を切妻型に改造されてキハ651となり1976年7月に廃車となっている。キハ42202は改造されず流線形のまま1976年7月に廃車となっている。
006-015A.jpg
キハ42202の運転台。
006-016A.jpg

石岡駅を出発する玉造町行きキハ201. キハ201は1936年日本車輌東京支店製で鹿島参宮鉄道で最初のボギー車、車体長が11mと小さかった為に、ほかの車両が大型化していくにつれ使われることが少なくなり、1970年8月に廃車となっている。
006-014A.jpg

私の乗ったキハ42202の下り列車と常陸小川駅で交換するキハ0726他2連の上り石岡行き列車。 薄暮れの為シャッタースピードが低くて写真が鮮明でないのはお許し願いたい。   国鉄から1963年2月に設計認可されてキハ0730がキハ42501として登場、その後1964年11月設計認可でキハ0726がキハ42502として入線、更に1965年3月設計認可でキハ0729がキハ42502として加わっている。 写真のキハ0726は1964年8月の撮影なので、認可前にすでに入線して使われていたことがわかる、車号がキハ42502となってないのは認可前の入線なので国鉄からの貸し出しという形で入線していたのかもしれない。偶然のしわざであるが国鉄の車号のまま鹿島参宮鉄道を走る姿は貴重な写真となった。
006-017A.jpg

《参考資料》 RM LIBRARY106 鹿島鉄道

スポンサーサイト
  1. 2017/03/26(日) 23:33:30|
  2. 昭和鉄道写真館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東武鉄道・50050系・クレヨンしんちゃんラッピングトレイン | ホーム | 鉄道博物館リニューアル第一弾 DD131再展示>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nighttrain999.blog39.fc2.com/tb.php/824-65797e9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

nighttrain999

Author:nighttrain999
目黒区の都立大学で産湯を使い、長じて多摩ニュータウンに移り住んでン十年の”おじさん”です。サラリーマン渡世を無事に勤め上げて第二の人生を謳歌しております。
多彩な趣味のお陰で時間が足りなくて、とても仕事をしている暇がないという次第。
興味のあるものは: 鉄道・車・オーディオ・カメラ・地図・文学・歴史・音楽(特にJAZZ)・英国

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
英国 (1)
鉄道 (371)
車 (54)
春 (19)
文学 (12)
時事問題 (10)
季節 (50)
旅 (10)
歴史 (36)
新宿御苑 (20)
音楽 (69)
写真・カメラ (29)
10年前の鉄道風景 (7)
総天然色の鉄道風景 (14)
昭和の鉄道世界 (30)
食事 (28)
侏儒の薀蓄学 (4)
私の本棚から (9)
昭和鉄道写真館 (11)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR