FC2ブログ

ナイトトレインの平成・徒然草 ~心にうつるよしなしごとを書き連ねて~

《鉄道》《車》《音楽》《文学》等にまつわるよしなしごとを、つれづれなるままに書き連ねてまいります。  

私の昭和味(その2) 「明治ミルクチョコレート」と「森永ミルクチョコレート」

私の昭和味(その2)は、 「明治ミルクチョコレート」と「森永ミルクチョコレート」です。
私の少年時代のお菓子の代表の一つが板チョコでした。 そして板チョコと言えば「明治ミルクチョコレート」と「森永ミルクチョコレート」でした。 今でこそロッテの「ガーナチョコレート」を加えて日本の3大板チョコになってますが、往時は「明治ミルクチョコレート」と「森永ミルクチョコレート」の二つしかなく、特にどっちと言うこだわりもなく食べてました。
しばらくぶりに明治の板チョコと森永の板チョコを買ってきて食べ比べて見ましたが、両者の間で大きな味の違いはなく、好みで選べば良いのではないでしょうか。私個人としては森永の方が昔食べた味を思い出させるものがあり、森永が好みの味と思ってます。それから明治は会社ロゴが変わったこともありパッケージのデザインも昔とは大きく変わってしまいました。

DSC_0009A_20150125233130b05.jpg
チョコレート001
チョコレート003A


  1. 2015/01/25(日) 23:37:55|
  2. 食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ありがとう八トタ115系の旅

貴重なスカ色として人気のあった八トタの115系が昨年12月6日をもって営業運転が終了して続々と長野へ廃車回送されていったが、残ったM3+M9編成で「ありがとう八トタ115系の旅」が企画されて、1月17日は河口湖コース、1月18日は甲府コース、そして1月21日(水)は本当のラストランとなる廃車回送を兼ねた松本コースが予定されている。今日の甲府コースは帰りが夕方遅くて撮影が難しいので朝の下りを豊田駅で撮影してきた。豊田車両センターを出庫して豊田駅1番線に入り出発して甲府を目指して行くところをカメラに収めて来た。

時間の都合で有名なSカーブまで行く余裕がなく豊田駅近くの跨線橋から撮影となり色々と邪魔があって見苦しい写真となっていることをご勘弁いただきたい。Sカーブは撮れる範囲が狭くて列車の通過1時間以上は前に行って場所を確保しないと撮影出来ないので本日は先客で場所取りが終了されているものと見込んで跨線橋での撮影となった。この跨線橋も私が到着した45分前の時点で先客が4-5名居たので、Sカーブには相当の数のファンがいたものと想像した。

既に代替わりした211系長野色がファンンの待つカメラの前を豊田車両センターへ入庫してきた。
DSC_0007A_201501181117386a3.jpg

M3+M9編成が出庫してきた。
DSC_0012A_20150118111740cc5.jpg

豊田駅1番線へ向かう出庫電車。
DSC_0014A_20150118111741645.jpg

下り本線を出発してきた115系スカ色
DSC_0021A_20150118111742572.jpg

甲府へ向けて元気に本線を下って行く115系団体臨時。「ありがとう八トタ115系」のヘッドマーク(HM)が115系ラストランであることを物語っていた。
DSC_0022A_20150118111744d84.jpg

  1. 2015/01/18(日) 11:55:01|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特殊切手 鉄道シリーズ第二集

久し振りに郵便局へ行ったら、「鉄道シリーズ第二集」の記念切手を見つけて購入してしまった。切手十枚がセットになっていて、ブルーリボン賞を取った車両写真の切手が9枚、第12回日本鉄道大賞を取った「首都圏民鉄5社7線による広域速達タイプの相互直通運転」で5社の代表車両の正面イラストの図柄の切手1枚で構成されている切手シートで820円だった。一緒にいただいて来たパンフレットの記載によると昨年の19月10日の発売となっていた、

図柄にある鉄道車両は以下の通り。
第12回日本鉄道大賞:東武50070系、西武6000系、東京メトロ10000系、東急5050系4000番台、横浜高速Y500系
第9回ブルーリボン賞:名鉄キハ8000系
第10回ブルーリボン賞:近鉄18200系
第11回ブルーリボン賞:国鉄581系
第12回ブルーリボン賞:国鉄EF66形
第13回ブルーリボン賞:西武5000系
第15回ブルーリボン賞:国鉄14系
第53回ブルーリボン賞:JR東日本259系
第54回ブルーリボン賞:京成AE形
第56回ブルーリボン賞:東京メトロ1000系

鉄道シリーズ001A

  1. 2015/01/16(金) 11:03:42|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江ノ電 10形

江ノ電の貴重なレトロ調の新製車両である10形の写真を紹介する、残念ながら10形は1編成しか作られなかったので同じ形式同士のペアを組むことは不可能。

10形と1500形 鵠沼駅で撮影
DSC_0079A_20150115174556b9d.jpg
DSC_0061A_20150115174556784.jpg

この日の10形のペアの相方は1500形の第二編成 (10+50編成と1502+1552編成) 鵠沼駅で撮影
DSC_0059A_20150115174554ff8.jpg

  1. 2015/01/15(木) 17:51:13|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江ノ電 ペアのマッチングがGOOD!

通常4両編成の江ノ電では2両編成同士がペアを組んでいる。原則としてどの型式との組み合わせも可能なのだが、今まで江ノ電を撮っていてほとんどが違う形式同士のペアが多くて編成美の観点からはいまいちだったが、この日はなぜか同一形式のペアが多くてびっくりした。

2000形同士(2001+2051編成と2002+2052編成)のペア。 江の島駅にて撮影
DSC_0045A_201501151453432a0.jpg
鵠沼駅にて撮影
DSC_0054A_20150115145344311.jpg
鵠沼駅にて撮影
DSC_0056A_20150115145346c32.jpg

貴重な「釣かけ駆動」同士のペア(1100形+1200形) ブレーキのフェイルセーフの観点から釣かけ駆動車同士のペアを避けている江ノ電だが、この日は珍しくも1000形同士のペアが組まれていた。 鵠沼駅にて撮影
DSC_0049A_20150115145944c47.jpg

1201+1251(FRIENDSHIP号)と1101+1151(SKIP号)のペア 鵠沼駅にて撮影
DSC_0051A_20150115145946c2d.jpg

  1. 2015/01/15(木) 15:07:34|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

nighttrain999

Author:nighttrain999
目黒区の都立大学で産湯を使い、長じて多摩ニュータウンに移り住んでン十年の”おじさん”です。サラリーマン渡世を無事に勤め上げて第二の人生を謳歌しております。
多彩な趣味のお陰で時間が足りなくて、とても仕事をしている暇がないという次第。
興味のあるものは: 鉄道・車・オーディオ・カメラ・地図・文学・歴史・音楽(特にJAZZ)・英国

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
英国 (1)
鉄道 (374)
車 (54)
春 (19)
文学 (12)
時事問題 (10)
季節 (50)
旅 (10)
歴史 (36)
新宿御苑 (20)
音楽 (69)
写真・カメラ (29)
10年前の鉄道風景 (7)
総天然色の鉄道風景 (14)
昭和の鉄道世界 (30)
食事 (28)
侏儒の薀蓄学 (4)
私の本棚から (9)
昭和鉄道写真館 (11)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR